きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

≫ EDIT

オトコヨウゾメ ~5裂する白い小花

先週は結婚式とかで散歩できず、昨日は雨だったので、今日こそはと事前に北本自然観察公園のWebをチェックすると「オトコヨウゾメ」の花が咲いたと記されていました。見たことがありませんので、楽しみに出かけました。〈散歩日:4月23日〉

オトコヨウゾメは、レンプクソウ科(←スイカズラ科)ガマズミ属の落葉低木で、日本固有種。北陸を除く本州・四国・九州の樹林内や林縁に分布します。

〔Webで確認した特徴〕
・樹高は1~3メートルで幹は細く、分枝して茂る。紅葉する
・葉は対生し、長さ3~7センチで卵形~長楕円形、先端が尖る。粗い鋭鋸歯あり
・花期は4月下旬~6月で、短い枝先に1対の葉とともに散房花序をつける
 白色の花は浅く5裂し、径1センチ弱。雄しべは5本
・果期は初秋~11月。果実は中に種子1個が入る核果で長さ5~8ミリ。赤く熟す

1.樹高2メートルほど。幹は細く上の方と胸高ほどで茂っていました
きれぎれの風彩 「オトコヨウゾメ」1-1


2.細い枝を寄せてみると、キレイな角度を保って枝が分枝しています
3.花序の花数は様々です。他のガマズミの仲間は花序を上向きにつけますが、本種は横向き~垂れます。小さく可愛らしい花で、野趣&奥ゆかしい感じです
4.葉は細い枝の先に短い葉柄をつけて対生します。葉脈クッキリ
5.近くには、こぼれ種で育ったのか、樹高1メートルほどのも
6.さらに、樹高20センチほどのも花をつけていました。これからが楽しみです
「2」「3」「4」「5」「6」
「オトコヨウゾメ ~5裂する白い小花」

オトコヨウゾメという変わった(?)名前の由来は、はっきりしないそうです。

ところで、当園のオトコヨウゾメは、Webでは場所の記載がなく、いつもの『生き物マップ』にも記載がありませんでした。そこで、あの辺りではないかと検討をつけ南西側の林縁沿いの園路を歩いていると、進行方向から若い職員がやってきましたので、聞いて場所が判明しました。ラッキーでした。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 21:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北本の野草や花木 4月2日

前2回と同じ北本自然観察公園の4月2日散歩から、他に目にとまった野草や花木などをとりあげます。(家族の用事などで多忙により画中心です)

1.スギナ(栄養茎)とツクシ(胞子茎)ですが、行き交う子供たちはツクシ好き
2.ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、コハコベのスリーショット狙いです
3.カキドオシも咲いていました
4.ムラサキケマンでしょうか、今ではかなり増えていることでしょう
5.ヒメカンスゲは、他のスゲの仲間より早く花をつけます
「1」「2」「3」「4」「5」
「北本の野草や花木 4月2日(1)」


6~7.まだ丈は低いのですが、カラスノエンドウも花が咲いていました
8~10.生き物マップに記されていたスズメノエンドウも確認
  カスマは残念ながら・・・  (最後の画はトリミング)
「6」「7」「8」「9」「10」
「北本の野草や花木 4月2日(2)」


11.ヒサカキは咲き始めのせいか(?)匂いが弱かったです
12.ウグイスカグラは2~3か所にあり、こちらはどちらかというと花が遅い方
13.オニシバリもまだ咲いていました
14.ニワトコの花芽だと思います。緑の団子状態です
15.コウヤボウキの芽が細い枝に並んでいました
「11」「12」「13」「14」「15」
「北本の野草や花木 4月2日(3)」


| 樹木・草花アレコレ | 23:48 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウラシマソウ、スミレの仲間

ウラシマソウを初めて見たのは2年前で、北本自然観察公園の林内です。特徴のある姿に驚きました。それから、昨年は公園内の別の場所でも見ることができ、今年もさらに別の場所で見られました。〈散歩日:4月2日〉

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草です。肉穂花序の先端に細長い付属体がつき、仏炎苞の中から上に出ます。付属体の釣り糸状に長く伸長した姿を、浦島太郎が釣糸を垂れている姿に見立てたのが名前の由来。

1.園路の山側の斜面に小葉を鳥足状につけた葉があり、その隣には仏炎苞に包まれた肉穂花序が出ていました
きれぎれの風彩 ウラシマソウ・スミレ170411-01

2.浦島太郎の釣り糸は、昨年見たのものに比べるとイマイチ。途中で折れた?
3~4.その反対側にもありました。葉はとても小さいのに花序が出ていました。他にもいくつか葉がでていますが、園路なのでたぶん土に栄養分はないと思われ…
5~6.2年前に見た場所では、大きな葉が出ているのに花序はまだ小さいです
「2」「3」「4」「5」「6」
「ウラシマソウの肉穂花序」

何が影響してウラシマタロウの花序(生育)に違いが出るのか分かりませんが、生育環境でずいぶん違うものだと思いました。


園路沿いや草地では、スミレの仲間も幾つか見ることができました。
7.タチツボスミレ(立坪菫)の淡紫色の花。有茎種の代表でしょう
8~9.マルバスミレ(丸葉菫)は無茎種で、白い花色と丸い葉が特徴
10~11.生き物マップによるとコスミレ(小菫)とノジスミレ(野路菫)だと思われます。まだ小さいです。両方とも無茎種
「7」「8」「9」「10」「11」
「北本のスミレの仲間」

| 未分類 | 23:25 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北本の『エドヒガン』2017

先週、北本市では一番大きなサクラとされている、北本自然観察公園の『エドヒガン』を見に行きました。やはり正面駐車場は満車でならんでおり、別の駐車場から入りました。普段この公園に来られない方もこの時とばかりに・・・。〈散歩日:4月2日〉

エドヒガン(江戸彼岸)は、バラ科サクラ属の落葉高木で、オオシマザクラやヤマザクラ、カンヒザクラ、マメザクラ等と並ぶサクラの原種(野生種)の一つ
和名の由来は、江戸で彼岸の頃に咲くことによります。

1.木道を進んでいくと、左手に見えてきます
2~3.近づいていくと、見上げるようになりますので、ちょっと残念
4.ほぼ満開の状態だったと思います。ラッキーでした
5.さらに先に行って、振り向いた光景です。位置的に逆光になってしまいます
「1」「2」「3」「4」「5」
「北本の『エドヒガン』2017」


6.一番下の枝でも位置が高いので花はズームで。萼筒が丸く膨らむのが特徴です
きれぎれの風彩 「北本のエドヒガン」2-6


北本のエドヒガンは樹高が29メートルで、樹齢は約200年とされています(市のWeb)。エドヒガンはサクラの中では長寿の種で樹齢1000~2000年の樹もあります。また、観賞用サクラの代表種であるソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交配種で、シダレザクラもエドヒガン系がほとんどのようです。


ところで、中央区神田須田町の靖国通り沿い、老舗そば屋「まつや」の前にエドヒガンがあります。一昨日(6日)、近くの角打ち(加島屋酒店)に行く際に見ましたが、ほとんど花は散っていました。
このエドヒガンは地域のシンボルツリーになっており、大切にされているそうです。
(角打ちのママさん談)

| 落葉高木 | 21:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベニバスモモ、その他(上平公園)

上平公園(上尾市)に立ち寄った時の事です。この公園には『ベニバスモモ』が幾本かあり満開でした。他の公園ではあまり見ません。〈散歩日:3月25日〉

ベニバスモモ(紅葉李)は、バラ科サクラ属の落葉小高木で、紅い葉をつけることが名前の由来です。
昨年、ベニバスモモを取り上げる際に検索したところ、思ったより情報が少ないことに驚きました。この公園では当たり前でも一般的には少ないのかもしれません。

1~5.花弁は「淡い紅色を帯びる」との記載も見られますが、晴天の下ではほぼ白で、一見サクラ(?)と思う様です。近寄ると花の中心部分や萼、花柄の紅紫色、幼い葉の紅色など、サクラとは異なる特徴がわかります
「1」「2」「3」「4」「5」
「ベニバスモモ、その他(上平公園)(1)」


6~7.シダレザクラが咲いていました。シダレザクラはエドヒガン系のものが多いそうで、ソメイヨシノより早く花が咲き始めます
8.モモ、、、だったと思います。咲き誇っていました
9.花が終わり、葉が展開している“サクラ”がありました。驚きです。これは?
10.枝が赤く見えるのは・・・アカシデの雄花序だと思います。特徴的です
「6」「7」「8」「9」「10」
「ベニバスモモ、その他(上平公園)(2)」


11~12.カツラの木があることを思い出し、念のため最初に雌木、次に雄木も見てみると花被(花冠と蕚)のない花が見られました(逆光で暗いです)
きれぎれの風彩 上平公園170325-11


きれぎれの風彩 上平公園170325-12


| 樹木・草花アレコレ | 22:05 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT