FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

≫ EDIT

チョウセンアザミ(アーティチョーク)~大型の外来アザミ

アジサイを他の方の日記で拝見するようになったこともあり、梅雨の晴れ間にアジサイの光景などを見に行こうと思いました。上尾市「丸山公園」の駐車場に車を止め、最初に目をとめたのは高さ2メートルはありそうな・・・。〈散歩日:6月20日〉

今年の1月に同所を訪れた時、大きな葉が幾重にも重なり山のようになっていたのを見て驚きました(下の画)。名札もなかったので何だろうと思っていました。
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-0


今回、花が咲いており、階段を上がって斜面の上に行くと「アーティチョーク。和名:チョウセンアザミ」と名札がありました。
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-1


チョウセンアザミ(朝鮮薊)は、キク科チョウセンアザミ属の多年草で、地中海沿岸原産。つぼみを食用とし、欧米では馴染のある花菜類とされています。品種は2つあり、アーティチョークと総包片の先が鋭くとがる「カルドン」があります。江戸時代にオランダから渡来したといわれています。
〔Webで確認した特徴〕
・花期は6~9月頃で、草丈は1.5~2メートル
根生葉は長さ1~2メートルにもなる。1~2回羽状に深裂又は全裂する。裂片は楕円形~披針形。茎葉は長さ50~80センチ。
・茎先に淡紫色で径10センチ前後の頭花(筒状花のみ)を数個つける。

ここのチョウセンアザミは、斜面の上側に植えられているので、下から見ると根出葉が垂れ下がり、草丈はかなり高く見えます。実際2メートル位でしょうか。
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-2


斜面に植えられているのには意図がありそうです。(おかげで)斜面の上からは花を横から見ることができます。(それでも、離れているのでズーム多用)
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-3


蕾もありますが、食用とするのはもっと若い、蕾のでき始めのようです。
日本のアザミの仲間に比べると、総苞が大きく花が小さいようなバランスです。
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-4


なるべく花の上が分かるようにと手を伸ばします。
きれぎれの風彩 「チョウセンアザミ」1-5


若い蕾の苞片基部の肉質部分を食用とします。イタリアでは9世紀頃には栽培が行われていたそうです。世界の生産量(2018年)では、イタリア(約26%)、スペイン(約16%)、エジプト(約12%)がベスト3です。

和名「朝鮮薊」の由来は、「外来」のアザミという意味で、日本に渡来した当時は、朝鮮=外来を意味していたことによるようです。

この日は、ウチワトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボなどが見られましたので、別日記でとりあげました。また、アジサイの風景は次回に。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 19:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マテバシイ・サンゴジュ・クリ・ドクダミ等:平塚公園

約1か月振りに訪れた上尾市「平塚公園」での立ち寄り散歩から。1か月でも目につく植物は変わるものです。今回は主に木本です。〈散歩日:6月7日〉

マテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)は、ブナ科マテバシイ属の常緑高木で、日本九州など温暖な沿岸地に自生している日本固有種です。
公園内では数か所でマテバシイを見ました。いずれも樹冠がクリーム色になるほど雄花序が多数出ていました(花をつけていました)。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-01

雄花序は長くて10センチほど。上を向きます。シベの少ないのが雌花序(?)。↓中央には2年目の若い果実(堅果)。これが秋にドングリになります。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-02

マテバシイのドングリは、渋味があまりなく、そのままでも食用になります。そこで、古くから救荒食として各地に植栽されたそうです。


サンゴジュ(珊瑚樹)は、ガマズミ科ガマズミ属の常緑高木で、関東南部以西の地域に分布します。
公園の駐車場で白い花を多数咲かせていました。(逆光で残念)
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-03

花冠は5裂し、巻くように反っているようです。雄しべが5本飛び出ます。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-04

花や和名の由来にもなっている赤く小さな多数の果実は見応えがありますが、ここにはいつも虫や蜘蛛が多く、葉は虫食いになるような印象です。


トチノキ(栃の木)は、ムクロジ科(トキノキ科)トチノキ属の落葉高木です。
5月3日に訪れた時は、枝先に特徴的な円錐花序が多数咲き誇っていましたが、今回は、花が終わり、花軸の下部に数個の若い果実ができていました。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-05

こちらは花序の軸に5個の果実がついています。花のほとんどは雄花で両性花が少ないとのこと。5個付きは、どちらかというと多い方だと思います。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-06

秋にトチノキの果実が熟した頃は、頭上注意です。


クリ(栗)は、ブナ科クリ属の落葉高木です。雌雄同株で、新枝の葉の脇から長さ10~15センチの尾状花序をやや上向きにだし垂れます。雄花は花序全体に毛のようにつき、雌花序は上部の尾状花序の基部に1~2個つきます。

公園隣地の栗林です。白い雄花序が長く伸びているのは、流石に目立ちます。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-07

ほとんどの花序は毛(雄しべ)の付いている雄花序です。雌花序は少なく・・・
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-08

雌花ありました。上の画の右側中央をトリミングしてみます。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-09



ドクダミ(毒溜)は、ドクダミ科ドクダミ属の多年草で、日本全土の陰地、湿地に普通に自生しています。我が家の狭い庭にも生えています。
公園の林床に群生がありました。まだ丈は低いですが白い花を咲かせています。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-10

淡い黄色の穂状花序にはシベが密集しています。花穂の下の花弁に見えるのは総苞片で、ドクダミの花には花弁も萼にないようです。
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-11

花穂と総苞で一つの花のように見せているのでしょうか。・・・誰に?
きれぎれの風彩「平塚公園 0607」200630-12

| 樹木・草花アレコレ | 22:55 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シモツケ、ブタナ、アメリカザイフリボク:上平公園

上尾市「上平公園」での立ち寄り散歩から。上平公園は野球場、テニスコートなどの施設や広い雑木林、広場、遊具などがある総合公園です。〈散歩日:5月30日〉

シモツケ(下野)は、バラ科シモツケ属の落葉低木。本州・四国・九州に分布しますが、近畿以西では絶滅危惧種。純絶滅危惧に指定している府県があります。

池のほとりで、薄~濃紅色の花序(複散房形花序)が目にとまりました。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-01

一つの花は5ミリ前後と小さく、花弁は5枚で、長めの雄しべは25~30本あるそうです。賑やかです。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-02



ブタナ(豚菜)は、キク科エゾコウゾリナ属の多年草。ヨーロッパ原産の外来種(帰化植物)で、北海道~本州の各地に分布。別名:タンポポモドキとも。
ブタナをとりあげるのは初めてです。

雑木林に行く遊歩道の脇で見つけました。後で調べてブタナと分かりました。
(今までにもどこかで見かけているはずですが・・・スルーしていました)
葉はロゼット状で、花茎に葉は付きません。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-03

タンポポに似ていますが、花茎は30~60センチほどあり、途中で数本に枝分かれします。(↓様々な植物が混じって分かり難いです)
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-04

それぞれの茎先に直径3センチほどの黄色い花をつけます。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-05



アメリカザイフリボク、はバラ科ザイフリボク属の落葉低木(小高木)で、北アメリカ原産。別名:ジューンベリー:ザイフリボク属の総称(?)。
早春に白い5弁の花を咲かせ、初夏につける果実は赤色から黒紫色に熟します。果実は生食に適する他、パイやジャムの材料としても利用されます。

赤紫~黒紫の果実が多数ついていました。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-06

果実は径1センチほど。
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-07



◇その他の植物(チリアヤメ、ピペリカム・ヒドコート、ドクダミ)
きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-08

きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-09

きれぎれの風彩「上平公園 0530」200627-10

| 樹木・草花アレコレ | 17:01 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘラオオバコ、チガヤなど:丸山公園

埼玉県川越市・上尾市・川島町の境にある「三ツ又沼ビオトープ」に行った帰りに、上尾市の「丸山公園」に立ち寄ることにしました。しかし、公園の駐車場は閉鎖中なので、西側の荒川の堤にある駐車場にとめました。〈散歩日:5月17日〉

堤に上がり川下の方に歩いていくと、堤の斜面から上の方までヘラオオバコが群生していました。ヘラオオバコをあまり見る機会がないので驚きました。

ヘラオオバコ (箆大葉子)は、オオバコ科オオバコ属の多年草です。ヨーロッパ原産で日本には江戸時代末期に渡来したそうです。花茎は高さ20~70センチ程になり、先に穂状花序をつけます。花は初めに雌しべのみの雌性期で、後からおしべが出る雄性期になります。雄しべは花序の下から咲きあがります。

堤の上、ヘラオオバコの群生です。咲きあがり方はそれそれですが、この辺りは花序の半分より上に雄しべが出ています。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-01

堤の斜面の様子です。花茎の高さもそれぞれです。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-02

オオバコの仲間で、葉がへらのような形をしていることが和名の由来とのこと。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-03

花序の長さはオオバコよりも短いですが、草丈は大きいです。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-04

穂には小さな花が密生しています。白い輪のように(衛星状に)雄しべが飛びでますが、これが下から上にあがっていきます。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-05

オオバコは、いつどこでも見られますので、それに比べると珍しく面白い形です。


堤の駐車場から公園に入るところの草地には、様々な草本が生えていました。特にユウゲショウとチガヤ(だと思います)が目立っていました。

チガヤ(千萱、千茅、茅萱)は、イネ科チガヤ属の多年草です。地下茎を横に長く伸ばし、日当たりのよい空き地に一面にはえます。かつては地下茎の新芽や若い穂を食べていたこともあり、古くから親しまれた雑草のようです。

葉が伸びないうちに葉の間から花茎を伸ばして、赤褐色の花穂を出すようです。その花穂とユウゲショウが競っているようでした。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-06

赤褐色の雄しべに自絹色の長い毛も見えます。この後、穂は綿のようにほぐれて、風によって綿毛のついた種子(果実)を遠くまで運んでいきます。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-07

生長の経緯をもう少し見たくなるようなチガヤでした。


柳絮(りゅうじょ)は、白い綿毛のついたヤナギの種子。または、それが飛び漂うことを言います。
三ツ又沼ビオトープほどではないですが、ここでもヤナギの綿毛を見ました。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-08

柳絮が空中で動かない!と思ったのは、蜘蛛の巣にかかった綿毛でした。
きれぎれの風彩「丸山公園 0517」200623-09

| 樹木・草花アレコレ | 22:52 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムラサキツメクサ、ユウゲショウ、柳絮など

埼玉県川越市・上尾市・川島町の境にある「三ツ又沼ビオトープ」とその周辺散歩から。その5で了。〈散歩日:5月17日〉

ムラサキツメクサ(紫詰草):マメ科シャジクソウ属の多年草。和名では「アカツメクサ」とも。シロツメクサより大きい。世界中で栽培&広く帰化しています。
日本には、明治初期に牧草として導入されました。

農道の脇で高く伸びたムラサキツメクサが咲いていました。
頭状花は、小さな蝶形花の集合で、形や色から可愛らしい感じです。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-01

しかし、花が咲く前(蕾)は可愛くないです
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-02



ユウゲショウ(夕化粧)・アカバナユウゲショウは、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。帰化植物ですが、関東以西に野生化しているそうです。

休耕田と休耕田の間で、小さめのトラクターが通れそうな道幅はありそうですが、今は左右から草が茂って獣道のよう。そこにユウゲショウの群生がありました。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-03

茎が赤茶色と緑色のがあります。緑色から赤茶色に変わる?のかどうか?
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-04

きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-05



ノイバラ(野茨、野薔薇)は、バラ科バラ属の落葉性つる性低木で、日本のノバラの代表種です。奇数羽状複葉で、5弁花の白い花をつけます。

農道の脇に多数の花を咲かせて目立っていました。ノイバラだと思います。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-06

雄しべは既に役目を終えたようで、こげ茶色になり、花の盛りは過ぎたようです。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-07



柳絮(りゅうじょ)は、白い綿毛のついたヤナギの種子。または、それが飛び漂うことを言います。

三ツ又沼ビオトープの木道では、それほど風もないのに、たくさんの柳絮がフワフワ漂っていました。マスクがなければ吸い込んでしまいそうです。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-08

きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-09



セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)は、キンポウゲ科デルフィニウム属(オオヒエンソウ属?)の一年草です。中国から明治時代に渡来した帰化植物で、現在は野生化していますが、勢力は弱く(?)愛でられているようです。

三ツ又沼ビオトープに向かう遊歩道「緑の回廊」で、木漏れ日がセリバヒエンソウを照らしていました。
きれぎれの風彩「三ツ又沼ビオトープ 0517」200621-10


| 樹木・草花アレコレ | 14:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT