FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

≫ EDIT

ネジキ ~白い壷型の花が並ぶ

上尾市の上平公園に行った際、近くの平塚公園にも立ち寄りました。雑木林の中でアセビのような花を一列に付けている樹がありました。初めて見る樹でしたが、他の方の日記で同様の花をとりあげていて「ネジキ」と判りました。〈散歩日:5月26日〉

ネジキ(捩木)は、ツツジ科の落葉小高木で本州(東北南部以南)~九州の低山などに自生します。和名は、成長すると幹が捻じれることから付いたようです。
〔Webでの特徴〕
・樹高は5~9メートル。花期は5~6月。有毒植物
樹皮は灰褐色で縦に細長く裂け目が入り薄くはがれる。若い枝は赤みを帯びる
・葉は互生。葉身は長さ5~10センチで卵形か長卵形。縁は全縁
・花は前年の枝から横枝として長さ4~6センチの総状花序を出し、等間隔で白い花を下向きにつける。花冠は壷型で長さ1センチに満たないほどで、浅く5裂する
・果実はさく果で、4ミリほどの扁平な球形。上向きにつく

大きな樹ではないものの、花は手の届かないところにあり、より上部の方に多くついています。そこで、少し離れてズームで記録しました(さらにトリミングも)。
きれぎれの風彩 「ネジキ」1-1


きれぎれの風彩 「ネジキ」1-2


この花のつき方を見ながら、面白い花序だと思いました。
きれぎれの風彩 「ネジキ」1-3


壷型(釣鐘型)の花が並びます。アップで見ると、花の外面には細かい毛が生えています。花の中まで分かりませんが、雄しべは10個あるそうです。
きれぎれの風彩 「ネジキ」1-4


ひこばえの葉です。特徴は・・・・特に。
きれぎれの風彩 「ネジキ」1-5


こちらは特徴のある樹皮です。キレイな剥がれ方だと思いました。
きれぎれの風彩 「ネジキ」1-6


この時、ネジキと知っていれば、もう少し捻じれているところを確認したのですが、それは、またの機会に。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チリアヤメ(ハーベルティア) ~青い3花弁+3

上尾市の上平公園の草地で、青い花をつけた草本を見ました。草丈が低い割に花径が大きく、3花弁と変わっています。初見です。〈散歩日:5月26日〉

チリアヤメは、アヤメ科チリアヤメ属の多年草(球根)で南米(チリ・アルゼンチン)の原産です。日本には大正の初期に来たようです。別名:ハーベルティア。
〔Webでの特徴〕
・草丈は10センチほどで、花期は5月頃。
・花径は3センチほど。3枚の丸みのある花弁(外花被)には基部に濃淡の模様があり、その上に小さな花弁(内花被)が3枚ある。

高木で日陰になっている草地に青いプロペラが点在していました。初めて見る花なので、その姿に少し驚きました。
きれぎれの風彩 「チリアヤメ」1-1


花の大きさは、丈が同じくらいの草本に比べたらダントツに大きいのではないでしょうか。花弁数を減らして一枚を大きくする作戦(?)。
きれぎれの風彩 「チリアヤメ」1-2


画では分かりにくいのですが、葉は線状で葉先が尖ります。
きれぎれの風彩 「チリアヤメ」1-3


トリミングで内花被を確認。外花被よりも濃い色ですが、とても小さいので花全体としては中央部の模様のようです。
きれぎれの風彩 「チリアヤメ」1-4


条件が良いとこぼれダネで自然に増えるそうなので、来年はさらに多くのチリアヤメが見られるかもしれません。

| 草本(草花・野草) | 22:18 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上尾市:上平公園 0526

日記の更新が遅れていますが、今回からは上尾市の上平公園~平塚公園散歩での気になった植物をとりあげていきます。〈散歩日:5月26日〉

1. シモツケでしょうか。咲き始めで、蕊クッキリ。シモツケだとすると初掲載。
2. イボタノキに見えます。この公園では初めてです。
3. キシンバイか園芸種のヒドコートか。花数は少なかったです。
4. ニワゼキショウはきれいな色をしています。今年はあまり見ていません。
5. 花後ですが、数の多さに驚きます。花期に見ているはずなのですが・・・。
「1」「2」「3」「4」「5」
「きれぎれの風彩 上尾市:上平公園 0526」


他にも、花後の光景ですが、
6-7. 緑から赤に変わっていく果実がありました。見たことがあるような・・・。
 (追記:ジューンベリーとのコメントをいただきました)
8-9. チガヤの仲間でしょうか。もう?綿毛です、丈は低かったです。
「6」「7」「8」「9」
「きれぎれの風彩 上尾市:上平公園 0526」

| 樹木・草花アレコレ | 22:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノミノツヅリ、キツネアザミ、イヌスギナなど

前回と同じ5月12日の北本自然観察公園散歩のつづきです。

ノミノツヅリ(蚤の綴り:ナデシコ科ノミノツヅリ属の越年生)
見たことのある小さな白い花が咲いていました。コハコベに似た感じですが、花弁が裂けてない。結局、名前は思い出せず調べることに。(よくあることですが・・・)
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-01

小さい花と葉に細い茎がよく分かれ繊細で賑やかです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-02

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-03


キツネアザミ(狐薊:キク科キツネアザミ属の二年草)だと思います。
よく見るアザミの類かと思ったのですが、花が開いてないのに開いているような?何だろうと思いました。検索した画を見ると、もう少しだけ開くようです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-04

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-05


6. ケキツネノボタンもたまたまキツネ付き。「ケ」かどうかの判断は施設任せです
7. ゲンゲ(レンゲソウ)が、わずかながら咲いていました。もっとみたいものです
8. カラスビシャクの咲き始め。今年も見られて何よりです。
9. セリバヒエンソウは、いつもの入口付近だけでなく、梅林でも見られました。
10.タケの仲間だと思いますが、白っぽい部分の上部が開いて枝・葉が出てきます。
「6」「7」「8」「9」「10」
「きれぎれの風彩 北本自然観察公園 190512」


イヌスギナです。4月29日の散歩時は胞子嚢穂をつけた茎を1本だけ見ましたが、この日は他も生長したのか数本見られました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-11

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-12

幼い男の子とお母さんがしゃがんで見ていたのが微笑ましく、「珍しいですよね」と声をかけて話をしたところ、お母さんは「そうですね~」、ただ「この子は蛾が好きなんですよ」とイヌスギナの隣にいた蛾(チョウ)を見ていました。

イヌスギナは↓画のような、遊歩道の左側で見られます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-13

この日は、オオヨシキリやセセリチョウなどが見られました。別日記参照。

| 樹木・草花アレコレ | 21:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハリエンジュ、マユミ、キンラン・ギンラン

北本自然観察公園へ5月12日に行ってきました。その前は4月29日なので2週間ぶりです。ふれあい橋から近いところにあるハリエンジュが見頃でした。

●ハリエンジュ(針槐)は、マメ科ハリエンジュ属の落葉高木で、明治初期に渡来した北米原産の外来種です。街路樹や公園樹、治山・砂防などに用いられています。
名前はエンジュ(同科エンジュ属)に似ていて枝に棘のあることから、別名のニセアカシアは学名の直訳のようです。〔エンジュは未見です。〕

ここのハリエンジュは、遊歩道沿いに数本あるのですが、湿地側に枝を拡げていますので見頃とはいえ見難い状況にあり、ズームを多用することになりますます。
↓ふれあい橋の方から見ています。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-01

総状花序を多数垂らしていました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-02

一つ一つの花は、芳香のある白い蝶形花です。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-03



●マユミ(真弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉小高木。集散花序をだし、白色(緑白色)の小さな花を数個つけます。径は約1センチ、花弁は4枚。雄花(雌しべは退化)をつける雄株と雌花(雄しべは退化)をつける雌株が別の雌雄異株。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-04

木道沿いのマユミは、花が咲き始めていました。ちょうど目線の位置だったので、一応撮っておくかとカメラを向けたところ、赤い葯が目にとまりました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-05

マユミは蜜腺の働きをする花盤(雌しべの基部を取り巻くようにできる肉厚部)を持つ虫媒花で、ハエやアブの仲間が蜜を吸いやすい形態を持つそうです。今頃はたくさんのハエやアブがいることでしょう。


●キンラン(金蘭)はラン科キンラン属の多年草で、山や丘陵の林の中に生える地上性のランです。日本レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に、埼玉県では絶滅危惧I類のカテゴリーです。ギンラン(銀蘭)も同属で、埼玉県では絶滅危惧II類です。

今回、北本自然観察公園でキンランを見ました。水際の斜面ですが、私自身はこの公園でキンランを見たのは初めてです。増えてほしいものです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-06

ギンランは毎年見ます。今回も数か所で見ました。少し増えているように感じます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190601-07


(次回も5月12日の散歩からです)

| 樹木・草花アレコレ | 18:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT