FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニ冠毛、粒々、黒光り/青光り

北本自然観察公園では、コウヤボウキやフユノハナワラビなど、私が行く他の公園では見られない植物がありますので、行く際には様子を見ます。〈散歩日:1月5日〉

コウヤボウキ(高野箒):キク科コウヤボウキ属の落葉小低木
2013年に初めて筒状花~冠毛~総苞片を見ることができました。高さは60~100センチで、木本としては幹・枝がとても細いです。
この細い枝につく冬芽や花、(他に比べて)小さめの冠毛が、可愛らしく健気で、それ以降、毎年のように見てはホッとするような対象です。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-1


茎は細くて、しなやかです。その先に数個の果実の冠毛が開いて丸くなって、白い毛玉のようになります。果実が落ちると花のような形をした総苞が残ります。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-2

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-3


フユノハナワラビ(冬の花蕨):ハナヤスリ科ハナワラビ属の冬緑性シダ植物
初めて見たのは2015年11月でした。シダ植物でありながら種子植物のような特徴も持ち合わせているという不思議な植物です。
球形の胞子嚢を多数つけますが、この時はもう胞子を出した後で枯れかけです。茎の基部に展開する「栄養葉」は、他の草が枯れる冬の間に光合成をし、春に枯れます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-4


黒光り&青光り
・ヤブラン(藪蘭):キジカクシ科(ユリ科とも)ヤブラン属の常緑多年草
・ジャノヒゲ(蛇の髭):キジカクシ科ジャノヒゲ属の常緑多年草
どちらも果皮が早くに脱落し、種子がむきだしになって成熟します。種子なので花糸の跡などもなくキレイなものです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-6

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190120-5

スポンサーサイト



| 未分類 | 11:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コアカミゴケ ~秋の帰省で再び

先月の帰省時に、薄日がさしたので名残の紅葉を見ようと少しだけ散歩しました。その際、道の駅の近くにある吊り橋の上で、GW帰省時散歩で初めて見た「コアカミゴケ」を再び見ることができました。〈散歩日:11月17日〉

コアカミゴケは、ハナゴケ科ハナゴケ属で地衣類の一種です。地衣体の上にできる小さな皿状の器官は、子器とよばれる生殖器官で、中に菌類の胞子がつくられます。
日本では低地から山地にかけて広く分布し、地上・朽木・針葉樹の樹幹上に生育するというので、よく見ることのできる地衣類なのでしょう。

1-2. その吊り橋の様子です。二人が並んで歩ける幅はあります。
   木製の歩道面及び左右の木製の部材に生育しています。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-1

きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-2


3-4. アップにするのは、ちょっと辛い姿勢になりディスプレイも見られず・・・適当に。赤い部分が子器(しき)で、小さい割には目にとまりやすいです。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-3

きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-4


5. 左右の部材の外側にもついていますが、環境的に向かないのか厳しそう。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-5

調べていると、和名の漢字表記は「小赤実苔」という記載もありました。先端の子器を
「小さい赤い実」が付いているように見えることによるようです。
小さい生き物(地衣類、蘚苔類)も面白いので、時には注意して見ようと思います。


〔オマケ〕吊り橋と名残の紅葉
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-6


| 未分類 | 12:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

慌ただしく・・・

仕事とかアレとかコレとかで慌ただしく、取り上げたい植物はたまっているのですが、落ち着いてPCに向かえない状況です。少し心身お疲れのようです。
(状況報告まで。)

| 未分類 | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年-2012-

明けまして おめでとうございます
本年もよろしく お願い申しあげます

きれぎれの風彩 「峠道」

昨日まで帰省していました。
上の写真は、実家から車で約10分程の県道です(地元では「観光道路」と読んでいます。車の通りはめったにありません)。ちょっとした峠道ですね。

(画的には何てことないのですが)峠は、そこを越えると新たな風景が拡がる予感がします。ワクワクするような、何かがあるんじゃないかと思ったりしますよね。

今年が、皆様にとって良い一年でありますように。


実家での出来事などを『シャツのほころび涙のかけら』に載せました。お手隙の時間でもありましたら、そ~っと覗いてみてください。

| 未分類 | 19:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

反省とタイトル漢字修正

このブログのタイトルは、始める時に「きれぎれ」に「風」と「彩」で「きれぎれの風彩」にしようと考えたわけですが、当初、メニューの「ごあいさつ」に意味を書いたり、タイトルの画像を作ったりしているうちに、ブログタイトルや他一部で「彩」が「採」になっていました。

お恥ずかしい話しですが、それに気づいたのは、このブログを開始して数ヶ月も経ってからです。(元々は変換の関係だと思うのですが・・・。)

それでも「もう数ヶ月経ったし、まぁ、いいか」みたいな感じでそのままにしていました。「採」でもそれほど変ではないと思いましたし(思いこみましたし)、他の方は気にはしないだろうと。(画像を修正したり、それを差し替えるのを面倒に思っていたのが最大の理由ですけど・・・。)

しかし、ある方からタイトルをお褒めいただき、メニューの「ごあいさつ」も読んでいただいたことを知り、「このままでは、いけない!」と思いました。
そこで、これを機に先日(日曜日)に修正いたしました。

以上、顛末書ということで記しておこうと思います。

| 未分類 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT