きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コマユミ ~裂開した果実・種子

同日、城山公園ではニシキギの赤い種子を見て、その後の北本自然観察公園では兄弟種(?)のコマユミの赤い種子を見ることができました。〈散歩日:11月3日〉

コマユミ(小真弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で北海道~九州の山野で広く見られます。同属のニシキギは、枝にコルク質の翼がありますが、翼のないものをコマユミといいます。(何故「小錦木」と呼ばないのか?分かりません)
コマユミを初めて知ったのは4年前で、小さく目立たない花を見ました。

前回のアオハダと同じで、場所が日陰地で暗いのが少し残念でした。
低木なので、↓このような下向きで葉表を見ることができますが、日当たりが足りないせいか(?)果実の数は少ないです。
きれぎれの風彩 「コマユミ」2-1


果実は蒴果で、1~4個の楕円形の分果が熟すと、果皮が割れて中から赤橙色の仮種皮に覆われた小さい種子が現れます。
きれぎれの風彩 「コマユミ」2-2


果皮は種子の上で丸まっています。(傘の付いた可愛い電球のよう?です)
きれぎれの風彩 「コマユミ」2-3


枝には翼がありません。コマユミの若い枝は緑色を帯びます。
きれぎれの風彩 「コマユミ」2-4


この日記で検索すると、4年前にコマユミの果実を載せていました。同公園の別の場所で、今回のコマユミよりも果実の数が多く環境によりかなり違うようです。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニシキギ ~紅葉と種子

同じ種類の樹でも、花数が多かったり少なかったりしますし、同じ樹でも毎年同じように花が咲くとは限らないようです。城山公園で見たニシキギは赤橙色の種子が多数ついていました。タイミングが良かったです。〈散歩日:10月28日,11月3日〉

ニシキギ(錦木)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で、世界三大紅葉樹に数えられるそうです。枝の翼が特徴的なので、判りやすい樹です。

10月28日、ぽつりぽつりと雨が降る中、進行方向の先の方に赤色が見えました。他が緑色(の葉)なので目にとまります。それが、ニシキギの紅葉と種子でした。
きれぎれの風彩 「ニシキギ」4-01

きれぎれの風彩 「ニシキギ」4-02

ニシキギの果実は蒴果で、複数の楕円形の果実が熟すと、果皮が割れて中から赤橙色の仮種皮に覆われた小さい種子が現れます。

翌週11月3日、再訪するとさらに落葉し見やすくなった多数の赤橙色の種子が、青空をバックに映えていました。
きれぎれの風彩 「ニシキギ」4-03

きれぎれの風彩 「ニシキギ」4-04

当地にはニシキギがいくつかまとまっていましたが、真っ赤に紅葉しているのもあれば、まだ緑の葉もありました。種子が多数ついている枝は落葉も早いです。

※参考:以前(2011年の夏)取り上げた若い果実です。この果実からの大変身です。
きれぎれの風彩 「ニシキギ」4-03


ちなみに、4番目の画の左上にいるカメムシは、調べてみると「キバラヘリカメムシ」でした。腹部側面に黄白色と黒色の縞模様があるカメムシで、ニシキギやマユミなどの実に集まります。

| 落葉低木 | 17:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルプの里.7 キンロバイ

ロックガーデンの上の方で、黄色い花をつけた丈の低い樹が斜面を覆っていました。初めて見る光景です。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

キンロバイ(金露梅)はバラ科キンロバイ属(キジムシロ属)の落葉小低木で、北海道や本州、四国の亜高山帯から高山帯に分布し岩礫地(がんれきち)に生育します。
・花期は6~8月。樹高は50~100センチで、よく分枝する
・葉は互生し、3小葉~5小葉の奇数羽状複葉で、小葉の長さは1~2センチ
・花は黄色で径は約2センチ。花弁は5枚でほぼ円形

斜面に群がって生えている(叢生する)感じで、黄色い花を多数つけているので、人目を引きます。(2番目の画はトリミング)
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-1

きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-2


自生地(高山地)では低く這うように育ちますが、耐暑性があり庭園樹としても利用されており、樹高は1メートルくらいになるとの記載もありました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-3

円い花弁です。曇天に黄色の花はボケました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-4

葉の様子だけを見ると、サツキの雰囲気に似ているかな(?)とも思いました。
きれぎれの風彩 「キンロバイ」1-5


金露梅の名前は、花が黄色で梅の花に似ていることによります。
キンロバイには、中部地方以西で白花タイプもあり、ギンロバイあるいはハクロバイと呼ばれるそうです(もちろん未見です)。

| 落葉低木 | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アジサイの花探し/装飾花と通常花

休日に妻とランチに行った後、腹ごなしに帰路途中の公園に立ち寄り散歩をしている時のこと。妻が、何かのテレビ番組で「アジサイを見たら花を探してみましょう」とやっていたと言うので、それならと花を探すことにしました。対象は普通のアジサイ(ホンアジサイ、セイヨウアジサイ)です。〈散歩日、6月24日、7月2日〉

アジサイの装飾花をかき分けると、シベの拡がった通常花(真の花、両性花)がありました。小さくて画でも分かり難いので調べてみると、通常花は萼片5個、花弁も通常5個、雄しべは10個、中心に雌しべ1個(花柱3)です。
きれぎれの風彩 「アジサイ」6-1


別のアジサイでも探していたら、こちらは装飾花の花が開いていました。全体的に通常花よりも小さく、花弁・雄しべとも数が少ないです。
きれぎれの風彩 「アジサイ」6-2


改めて、アジサイの装飾花について調べてみました。装飾花は
(1)萼片が弁化して花弁のようにみえる 
(2)萼片、花弁、雄しべ、花柱の数が少ない (見た限りでは萼片は通常4枚)
(3)通常は雌しべが退化している=結実しない
(4)花弁、雄しべで未発達のものもある

アジサイ(ホンアジサイ、セイヨウアジサイ)は、野生種であるガクアジサイから、装飾花がより多く萼片がより大きくなるように作り出された園芸品種ということはよく知られていると思いますが、私の認識もここまでで、装飾花の萼片の数が少ないとか、花の構成のことは知りませんでした(気にしていませんでした)。

翌週、丸山公園(上尾市)にアジサイを見に行きました。花は終わりかけでしたが、
3.キレイに咲いているのも残っていました
4~5.その装飾花をかき分けての通常花です。5はトリミングでのアップ
6.ガクアジサイはまだまだこれからのようです
7.ハス(蕾)越しのアジサイ並木
「3」「4」「5」「6」「7」
「アジサイの花探し/装飾花と通常花」

| 落葉低木 | 22:23 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウグイスカグラ ~若い果実・赤い果実

4年前に初めてウグイスカグラの花を見て(知って)から、その後の赤い果実も時々見ていました。今年は若い果実と熟した赤い果実の両方を見ましたので、記録しておきます。〈北本自然観察公園:4月~6月〉

ウグイスカグラ(鶯神楽)は、スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、葉腋から2センチほどの花柄の先に漏斗型の花をつけます。先は5裂して平開します。北本自然観察公園では3月から咲き始め、4月が盛期だと思います。

花後には、1センチほどの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)ができます。果実の生長は早く、当地では5月には赤く熟します。

1~2.緑色の若い果実です(4月23日)
3~5.赤く熟した果実です(5月20日)熟した果実は透明感がありキレイです。私は食べたことはありませんが、それほど酸味がなくほんのり甘いそうです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ウグイスカグラ ~若い果実・赤い果実」


6.今月、林縁の遊歩道沿いで木漏れ日が赤い果実を照らしていました。2個つきで真ん丸。可愛いものです(6月4日)
きれぎれの風彩 「ウグイスカグラ」2-6


7.以下は今年の花の様子です(4月2日) ※以前取り上げた花の記事
きれぎれの風彩 「ウグイスカグラ」2-7

ちなみに、ウグイスカグラの花言葉は「未来を見つめる」「明日への希望」です。

| 落葉低木 | 23:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT