きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ネズミモチ ~花から果実へ(我が家)

我が家の狭い庭で、ふと気が付くと見慣れぬ幼木がありました。その後、丈が伸び葉も増えてきましたが、何の木なのか分かりませんでした。
スッキリした肉厚な葉ですし、鉢植えにしても大丈夫だろうと思い、枝が2本だけの時でしたが鉢に植え替えて庭よりも日当たりの良い所に移動しました。

その後、多数分枝し、今年の春に初めて蕾を付けました。それから果実まで見ることができましたので、経過を記しておきます。〈観察日:2017年5月~12月〉

ネズミモチ(鼠黐)はモクセイ科イボタノキ属の常緑小高木です。本州から沖縄まで分布します。公園や街路樹、生け垣としても利用されています。

上段:蕾から開花、花後
5月14日 GW後、枝先に小さな粒々が付いているのを確認しました。
5月27日 蕾が大きく膨らんできており、もうすぐ花が咲きそうと思ったら、
5月28日 翌日、初めての開花を確認できました。(日曜日で良かったです)
6月 4日 一週間~10日ほどでほぼ全ての花が咲いたと思います。
6月24日 花が落ちた後の様子です。花糸が残り、基部には幼い果実が。
下段:果実の成長、熟すまで
9月 3日 緑色の幼い果実が徐々に育ってます。
10月 8日 この頃には、それなりのサイズになっていました。
10月28日 黒く変色し初め → 11月3日 でも、一週間でこの程度です
11月23日 楕円形の果実は、全て黒くなりました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「6」「7」「8」「9」「10」
「ネズミモチ ~花から果実へ」


5月14日 小さな蕾ができ始めた時の全景です。
6月4日 少ないですが、幾つかの花序ができました。
10月8日 この色の果実は初めて見ますので新鮮でした。
12月10日 黒くなると見慣れたものですが、大きい木と比べると少し違います。
「11」「12」「13」「14」「15」
「ネズミモチ ~花から果実へ」

最後の画は葉を裏からかざして見たもので(6月24日)、葉脈は不明瞭です。
ネズミモチに似ている中国原産の「トウネズミモチ」は葉脈が透けて見えます。また、トウネズミモチの果実は楕円形というよりも球形に近い。という違いがあります。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 22:39 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒイラギ ~老木?は全縁・盛花

『嵐山渓谷』紅葉散歩でのこと。半島状の「細原」の遊歩道から、枝に小さく白い花を多数つけた木を見つけました。花の付き方は我が家のヒイラギと似ていますが、葉の縁に特徴的な棘状の鋸歯がないのです。〈散歩日:12月2日〉

ヒイラギ(柊・疼木・柊木)は、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、関東以西の本州~沖縄の山地に生育します。庭木や盆栽、葉に棘があることから生垣などにも利用され、また、魔除けの縁起木として玄関脇に植えられることもあります。

花はヒイラギに似ているのに葉が全縁なことから、これは何だろう?と思っていたら、隣にいた観光客にボランティアの方が説明していました。「年をとるとギザギザが無くなる・・・」。7年前にヒイラギ(我が家の)を取り上げる際に調べた時、そのような記載があったことを思い出しました。

1.遊歩道沿いのロープの先に、ヒイラギが斜面の下から生えていました。樹高は4メートル以上あったと思います。
きれぎれの風彩 「ヒイラギ」2-1


2.枝には花が多数ついてました。(遠いので、以下ズームです)
きれぎれの風彩 「ヒイラギ」2-2


3.花は葉腋に白色の小花を密生させます。雌雄異株で、雄株の花は2本の雄しべが発達し、雌株の花は花柱が長く発達するそうです。この木は雄株のようです。
きれぎれの風彩 「ヒイラギ」2-3


4.葉は対生し、楕円形から卵状長楕円形で、老樹になると葉の刺は次第に少なくなり、縁は丸くなってしまうそうです。この木の葉にはまったく鋸歯が見られません。
きれぎれの風彩 「ヒイラギ」2-4


我が家の玄関脇に植えた葉に斑入りのヒイラギは、10年ほどになると思いますが、まだ棘があり触れると痛いです。将来は棘(鋸歯)が無くなるのでしょうけど、ヒイラギの生長は遅いように感じます。あと何年?何十年?・・・。


--*--*---*---*----*----*----*----*----*---*---*--*--


嵐山渓谷沿いの遊歩道で、展望台と冠水橋方面に遊歩道が分かれる辺りで、赤い球形の果実らしいものが丸まって付いているのを見つけました。ひょっとして初めて見る「サネカズラ」かもしれません。
きれぎれの風彩 「サネカズラ」


| 常緑低木 | 23:02 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アルプの里.10 シラタマノキ

白くて小さい丸いモノが付いている低木がありました。名札を見るとシラタマノキ。そのまんまじゃん!という花木でした。〈散歩日:8月14日『アルプの里』〉

シラタマノキ(白玉の木)はツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木です。北海道~中部地方に分布し、高山、亜高山地帯に生育します。
・花期は7~8月。樹高は10~30センチと小さい
・葉は互生し、楕円形で長さ1~3センチ。厚みがあり網目が目立つ
・花は茎の上部に花冠の長さ約6ミリの壺形の花を下向きに数個つける
果実は肥大して白色になった萼に包まれ球形で径1センチ弱

丈がとても低いので草本のように見えました。白い球が可愛らしいです。しばし見とれてしまいました。
きれぎれの風彩 「シラタマノキ」1-1

きれぎれの風彩 「シラタマノキ」1-2


初めて見るので、現地では蕾なのか、花なのか、果実なのかよく分かりませんでしたが、これは果実の状態のようです。葉は、網目模様の葉脈が目立ちます
きれぎれの風彩 「シラタマノキ」1-3

きれぎれの風彩 「シラタマノキ」1-4


名前の由来は、見たまんまで果実が白くて丸い球形であることによります。
シラタマノキ属には赤い果実を上向きにつける『アカモノ』があり、これに対して、シラタマノキはシロモノとも呼ばれるそうです。

| 常緑低木 | 23:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラベンダー ~菖蒲町2017.6

前回のハナショウブを見た後、車をとめた久喜市の菖蒲総合支所前に戻ってラベンダー苑・堤、ラベンダー花壇を見てきました。〈散歩日:6月17日〉

ラベンダー(lavender)は、シソ科ラヴァンドラ属(ラベンダー属)の半木本性植物とか小低木(などの記載があるもの)の通称です。久喜市のWebサイトによると当所のラベンダーの見ごろは、6月中旬から下旬とのことです。

ここに来るのは久し振りです(4年振りの2度目です)。今回は花にボリューム感が足りないように見えます。・・・花のピークには少し早かったようです。
きれぎれの風彩 「ラベンダー」2-00


1~2.ラベンダー苑や堤には「グロッソ」という品種が植えられていますが、ほとんど蕾の状態でした。蜂も花を探すのに大変そう
3.透けた感が寂しいです (今頃は見頃になっているでしょう)
4.堤の内側(駐車場側)は大きい株です
5.堤の外側は4年前と変わっていました。新たに造成され小さな株が並びます
「1」「2」「3」「4」「5」
「ラベンダー ~菖蒲町2017.6(1)」


6~8.こちらは花壇の「ヒドコート」という品種で、開花した花が多かったです
9~10.若い株も順に大きくなるよう育てているようです
「6」「7」「8」「9」「10」
「ラベンダー ~菖蒲町2017.6(2)」


改めて4年前の日記をみると、その時は6月29日なので今回よりも時期的に遅く、開花した花が多いです。それに、大きな株の密度も違うように見えます。今は古株と新しい株の調整時期?入替中?なのかもしれません。

ちなみに、イベント会場ではラベンダーが練りこまれたそば・うどんが売られていて、食べてみたらラベンダーの香りがしました。 ※別ブログ

| 常緑低木 | 11:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツツジ ~物見山公園

(前回の)箭弓稲荷公園を出た後、Webでツツジの名所とされている東松山市の『物見山公園』に行きました。同公園および周辺(埼玉ピースミュージアムや岩殿観音)には、過去に行ったことがありますが、今の時期は初めてです。〈散歩日:4月30日〉

市南部にある標高135mの物見山は、古くから比企丘陵を代表する展望の地として知られており、四季を通じて比企丘陵の自然を満喫できます。春には、約4万本のツツジが見ごろとなります。(市のWebサイトより)

麓の「もみじ谷」から東屋や山頂近くまでは、斜面にカエデなどの落葉広葉樹の林があり、遊歩道が斜面を縫うように幾筋も作られています。

1~5.その斜面林にはヤマツツジが多数あり、歩いていると前にも山側・谷側にもヤマツツジが拡がり、進む毎にいろんな光景が見られます。落葉広葉樹の新緑とヤマツツジの朱色の花と森林浴でとても気持ちの良い景色でした
「1」「2」「3」「4」「5」
「ツツジ~物見山公園(1)」


6~7.ヤマツツジの花色は朱色が多く、より赤味が強いのもあります。花冠は径3~4センチの漏斗型で5中裂。裂片は円く、上側の裂片内面に濃い斑点がでます
8~10.山頂近くから高木が少なくなり、ツツジのみが目立ちます。頂上付近はキレイに剪定されたツツジが多くなります
「6」「7」「8」「9」「10」
「ツツジ~物見山公園(2)」


ツツジは種類が多く、古くから栽培され親しまれている植物ですので、見せ方も様々あるのでしょう。物見山公園のツツジを見て改めて思いました。

(昨年の6月に訪れた時にも斜面の遊歩道を歩きました。その時は「何でこんなに細かく遊歩道を作ってあるのだろう?」と思いましたが、ツツジの花やカエデの紅葉の頃を想定して作られたものと理解しました。)

| 常緑低木 | 22:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT