きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5月の白い花:北本自然観察公園

前回のノイバラも白い花でしたが、北本自然観察公園では他にも白い花を見かけましたのでまとめて記しておきます。〈散歩日:5月20日〉

1~3.エゴノキは2か所で見かけました。一方はほとんどの花が咲いていましたが、もう一方はほとんどが蕾(見上げると花もあり)。違うものです。エゴノキは花柄が長く、最初に見た時の印象は傘の付いた電灯でした
4~5.このガマズミは、日陰地でひっそりと咲いていました。初めてガマズミを知ったのは6年前の秋(散歩を初めて2年目)で、多数の果実に「何、コレ!」と
「1」「2」「3」「4」「5」
「5月の白い花:北本自然観察公園(1)」


以下は、名前を知ったのも花も見たのも昨年が初めてでした。
6~7.オランダガラシがクレソンで、このような花が咲くことに驚き ※昨年
8~9.オヤブジラミの花は極小ですが、白い5弁花でアップで見るとカワイイです。花後はすぐにひっつき虫になります ※昨年
10.イボタノキは開花が少なく、ほぼ蕾状態でした ※昨年
名前は疣から、前のは虱からで、可哀そうな名前を付けられました
「6」「7」「8」「9」「10」
「5月の白い花:北本自然観察公園(2)」


スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北本で 『柳絮(りゅうじょ)』

北本自然観察公園で柳絮(りゅうじょ)を見てきました。〈散歩日:5月20日〉

柳絮(りゅうじょ)とは、白い綿毛のついた柳の種子。また、それが春に飛び漂うことを言います。

初めて柳絮を見たのは、4年前の同公園でした。柳の綿毛が雪(?)のように舞い散る様に驚きました。その後も何度か見て写真を撮ることもありましたが、静止画ではまったくイメージがつかめないものになり取り上げることもありませんでした。

そこで、今回は初めてデジカメの動画撮影を試み、初めての動画アップです。(FC2動画無料会員)
[広告] VPS

風がほとんど無い状態では、綿毛がフワフワと漂います。不思議な光景です。
(柳絮はもっと多く飛ぶときもありますが、今回の柳絮程度では動画でも分かり難いかもしれません。)

4年前に柳絮を見た際、職員の方から「アカメヤナギ」と聞きました。今回も同時期なのでアカメヤナギ(マルバヤナギ)ではないかと思います。

動画は難しいと思って敬遠していましたが(これで良いのかどうか分かりませんが)、今後は必要に応じて取り入れていこうと思います。

| 樹木・草花アレコレ | 23:55 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GW新潟帰省時の花木

今回はGW新潟帰省時に見かけた花木です。調べきれなくて不明種が多いのですが、来年以降のために記録しておきます。〈散歩日:5月4日〉

1~2.枝先に目立たない花が咲いていました。葉も枝先だけです。不明です
3~4.キブシだと思います。この状態以外は見たことがないです
5~6.ヤマザクラでしょうか。けっこう葉が出ています
7~8.こちらのサクラは花も多く、緑色の葉も多い。不明
9~10.枝が遠くてズームです。サクラのような白い花なのですが。不明
「1」「2」「3」「4」「5」
「6」「7」「8」「9」「10」
「2017GW新潟帰省時の花木」

※不明の同定案をいただきました。ありがとうございます。
 1~2.クロモジ
 9~10.カマツカ

今回の日記は、前回の山野草の翌日に更新する予定でしたが、出張や休日作業、飲み会等々の理由でまた日が空いてしまいました。1ヶ月前のGWのことはここまでとして、次回は5月20日の北本自然観察公園散歩から取り上げていきます。

| 樹木・草花アレコレ | 23:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GW新潟帰省時の山野草

前回までGW新潟帰省時に見かけたトキワイカリソウ、ショウジョウバカマ、アズマシロカネソウ、ヒロハテンナンショウを取り上げました。今回はその他の山野草を記録しておきます。〈散歩日:5月4日〉

1~2.ミズバショウは白い仏炎苞が落ち始め、葉が多数出ていました
3~4.林床のオオイワカガミ。例年とは違う場所で見つけました
5.このスミレの仲間は?葉は(種の)スミレに似ていると思うのですが・・・
「1」「2」「3」「4」「5」
「6」「7」「8」「9」「10」
「2017GW新潟帰省時の山野草」

6~7.オオバキスミレは日本海側多雪地域に多く分布します。根茎で増えるので、ここでも群生が見られました。有茎種で5のスミレとは様相が異なります
8~9.人家近くのニリンソウ。この場所以外では見かけてないです
10.その近くにはキクザキイチゲ。花期の終わり頃のようです

復習すると(前の日記をみると)ニリンソウもキクザキイチゲもキンポウゲ科イチリンソウ属で、花弁に見えるのは萼片です。

11.杉林のチゴユリは、まだ花をつけておらず・・・残念
12.花の終えたカタクリは、若い果実がついているのもありました
13.痩せた土にはツクシ。娘曰く「気持ち悪いくらいたくさんある~」
14.実家近くの畑に植えた山ウド。新鮮な根元はサラダでもOKだそうです
15.散歩中に見かけたゼンマイの天日干し。何度か揉むことで柔らかくなります
「11」「12」「13」「14」「15」
「2017GW新潟帰省時の山野草」

| 樹木・草花アレコレ | 22:45 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルバアオダモ、クサボケ、アケビなど

様々な春を見つけた北本自然観察公園散歩からです。〈散歩日:4月23日〉

マルバアオダモ :過去にも同園で見たことはありますが、見難い場所・位置にあるため日記で取り上げたことはありません。画は離れたところからのズームです。白く繊細そうな花弁が風にゆれていました (追記:雄花のようです)
きれぎれの風彩 北本の植物170429-01

きれぎれの風彩 北本の植物170429-02


クサボケ :2年振り(?)に見ました。50センチほどの小さな木で、花色もボケに比べるとくすんだ色なので目立つことはありませんが、日本固有種となれば見かけると嬉しくもなります
きれぎれの風彩 北本の植物170429-03

きれぎれの風彩 北本の植物170429-04


アケビ :雄花が多数ついていました。探してみると雌花も若干見られました。楕円形の小葉がつく掌状の複葉が新緑で印象的です。(新潟の実家の方ではミツバアケビの新芽を「木の芽」といい山菜として食します。美味です。)
きれぎれの風彩 北本の植物170429-05

きれぎれの風彩 北本の植物170429-06


ウグイスカグラ :幼い果実ができていました。可愛いものです
ヤマブキ :円錐状の蕾がお気に入りです
クヌギ(だと思います):長い雄花序が多数垂れていました
ムサシアブミ :今年も健在です
ウメ :若い果実のついている木がありました。爽やかです
「7」「8」「9」「10」「11」
「北本自然観察公園」


| 樹木・草花アレコレ | 16:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT