FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神流川沿い:紅葉・イチョウ・ヒメツルソバなど

前回の『城峯公園』の冬桜(十月桜)と紅葉のコラボを見に行った日の、他の植物についてとりあげます。〈散歩日:11月16日〉

まずは、城峯公園のカエデの紅葉です。レストハウス近くで出迎えます。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-01

斜面中段付近では、大きなカエデが枝葉を拡げていました。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-02

黄葉も見られましたが、名前は分かりません。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-03


一際高さのある樹が林の中にあり、果実らしきもの(→雄花序・蕾)を垂らしていました。近づけないのですが、ズームで画を見るとメタセコイアのようです。普段見るシュッとした樹形とはイメージが異なります。そもそも、何故ここに植えたのか?不思議です。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-04

きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-05


公園からの帰路、ダムの堤体が右側に見えたので、車を降りました。すると、手前に大きなイチョウがあり、日に輝いていました。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-06


さらに道路を下っていくと、左側の壁面が彩で覆われているのが目に入り、過ぎてから車を止めました。ひょっとして?と思いながら見に行くと、ヒメツルソバでした。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-07

地面を這う本種は見たことがありますが、壁面に横にも縦にも大きく広がるのを見たのは初めてです。驚きました。ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)は、ヒマラヤ原産のタデ科イヌタデ属の多年草で、日本には明治中頃にロックガーデン用として導入したようです。縦に這うのも得意なのでしょう。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-08

ソバの花によく似た小花が多数集まった直径1センチほどの花を咲かせます。開花後はピンク色ですが、徐々に白っぽく変化します。
ちょうどヤマトシジミがきていました。時期的に最後かもしれません。
きれぎれの風彩「神流川沿いの紅葉など 1116」191204-09

グラウンドカバーとして用いられていますが、広がりすぎに注意です。
野生化して、道路わきでも見ることがあります。秋葉原の万世橋のたもとでも出現していて、どこからやってきたのかと不思議に思いました。

なお、別ブログの方で、同日の城峯公園の他、立ち寄った神流湖・下久保ダムや国指定史跡(譲原石器時代住居跡)、ヤマキ醸造などをとりあげました。
スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 21:51 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユウガギク、コシロノセンダングサ、その他

前回に続いて北本自然観察公園散歩からです。〈散歩日:11月10日〉

ユウガギク(柚香菊):キク科シオン属(←ヨメナ属)の多年草です。
同定は「生き物マップ」でこの辺りを指していたことによります。
今回気になったのは、黄色い筒状花の周りを囲んでいた、紫色の細い棒状の真っすぐしたモノです。アレっ?あまり見たことがない。これは・・・舌状花の開く前だと認識するまで、少し考えました。普段キクの仲間をあまり見ていないので新鮮でした。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-02

グー状態の蕾は見た覚えがありますが、この時は花期の盛期~終盤のようです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-01


コシロノセンダングサ(小白の栴壇草):キク科センダングサ属の一年草
いつも見るひっつき虫のコセンダングサだと思っていました。しかし、後で確認すると無いはずの白い花弁(舌状花)が付いているのです。アレっ?これは・・・調べてみるとコセンダングサの変種で、コシロノセンダングサではいかと思います。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-03

残念なのは、そうとは知らなかったので、しっかり撮っていないことです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-04


トキホコリ(時繁):イラクサ科ウワバミソウ属の一年草
9月22日に訪れた時は、ツヤツヤの葉に淡い緑色の花序でしたが、今回は、全体的に白っぽくなり、花序は揃って大きくなっているように感じました。観察するには、もう少し日当たりの良いところでと思いますが、その環境は無理なのでしょう。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-05

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-06


ムサシアブミ(武蔵鐙):サトイモ科テンナンショウ属の多年草
大きな葉が2枚に小葉は3枚。その間から春には仏炎苞が出て、夏には緑色の果実を見ました。その状態が長くつづき、今回は、上部が赤くなっていました。12月に入る頃には全体が赤くなっているかもしれません。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-07

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-08


ヤマノイモ(山の芋):ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草
遠くから見た時に、一早く黄葉している樹があると思ったのですが、近くまで行ってよく見ると、落葉した樹にヤマノイモのツルが覆いかぶさり黄葉していました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-09


◇茎に一定の間隔で托葉?のある草本がありました。面白い見た目です。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191128-10

| 樹木・草花アレコレ | 22:12 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百両、十両、小真弓、紫式部、枸杞、百合の木

先々週の北本自然観察公園散歩から木本の様子です。〈散歩日:11月10日〉

カラタチバナ(唐橘):サクラソウ科(ヤブコウジ科)ヤブコウジ属の常緑小低木
正月の縁起物とされる一種で「百両」と呼ばれています。毎年、ここで見ていますが果実の付き方は毎年違うように思いますし、樹高は変わらないような・・・。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-01

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-02


ヤブコウジ(藪柑子):サクラソウ科(ヤブコウジ科)ヤブコウジ属の常緑小低木
百両を見ましたので、十両もと思い、以前見たことがある園路沿いを探していると、木漏れ日が注ぐところで1粒見つけました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-03


コマユミ(小真弓):ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木
枝に翼のないニシキギの仲間です。園路沿いで(2か所?)で見られました。果皮が割れてめくれ、中から赤橙色の仮種皮に覆われた小さい種子が出てきます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-04


ムラサキシキブ(紫式部):クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木
ここで本種が見られるのは、日陰の林縁(南側が林)のせいか、果実の数がイマイチだと思いますし、せっかくキレイな果実の色合いが目立たないのです・・・。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-05


コウヤボウキ(高野箒):キク科コウヤボウキ属の落葉小低木
今年の花が少ないのか、花期の終わりなのか、両方なのか、花は少なかったです。こちらも日陰の林縁なので、木漏れ日に寄せて撮りました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-06


クコ(枸杞):ナス科クコ属の落葉低木
今回、園内で初めてクコを見ました。入口に近い下の道沿いにあり、これまで見逃していたようです。他の木本はほとんどが果実なので、花らしい花に一瞬迷いました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-07

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-08

5年前、初めてとりあげる際に調べたとき「ナス科で木本~!?」と驚いたものです。そういえば、先月に見たキダチチョウセンアサガオも同属でした。


ユリノキ(百合の木):モクレン科ユリノキ属の落葉高木
公園から出て、駐車場に行くために信号を待っている時、道路の歩道で上にカメラを向けている方がいました。その先を見ると、黄葉の進んだユリノキの樹冠でした。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110」191122-09

| 樹木・草花アレコレ | 23:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノイバラ、ノブドウ、スズメ、カラス、ガマズミ、クサギ等

前回と同日、目にとまった植物の続きです。今回はツル性の4種をまとめてと、その他3種です。〈散歩日:10月20日〉の4で了。

ノイバラ(野茨):バラ科バラ属の落葉性のツル性低木
日本の野生バラの代表種。花は白いのですが、果実は赤く熟していました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-01


ノブドウ(野葡萄):ブドウ科ノブドウ属のツル性落葉低木
特徴のある果実は、虫こぶにより膨らんで様々な色、大きさになっています。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-02


スズメウリ(雀瓜):ウリ科スズメウリ属のツル性一年草
1センチほどの果実は、緑色から熟して灰白色に変わっていました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-03


カラスウリ(烏瓜、唐朱瓜):ウリ科カラスウリ属のツル性多年草
果実は直径5~7センチの楕円形や丸い卵型形状です。果実は熟してオレンジ色や朱色になっていましたが、熟する前の緑色の果実もありましたので、並べてみます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-04

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-05

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-06


ガマズミ:スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木
赤くて小さな果実は数が多く、花期だけでなく果期も観賞価値が高いとされ、庭木にも用いられています。そのかなり遅くなった花が咲いており両方が見られました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-07

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-08


クサギ(臭木):シソ科クサギ属の落葉小高木
9月には赤紫色の萼片が開き、濃い藍色で丸く光沢のある果実でしたが、この日は萼片が反り返り、果実は黒くなっていました。花が落ちた樹も多かったです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-09


セイタカアワダチソウ(背高泡立草):キク科アキノキリンソウ属の多年草
要注意外来生物ですが、黄色い花は目をひきます。ツマグロヒョウモン♂も好み。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-4」191110-10

| 樹木・草花アレコレ | 18:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イヌタデ、ハナタデ、ミゾソバ、オナモミ、メナモミ

前回と同日、目にとまった植物の続きです。たまたまのタデ科の3種と、名前似のキク科の2種がありましたので、まとめてとりあげます。〈散歩日:10月20日〉の3

イヌタデ(犬蓼):タデ科イヌタデ属の一年草
数株だったり群生していたりしますが、よく見かける植物です。小さな花(萼片)が開き始めていました。蕾~開花~果実とずっと赤いです。茎も赤味を帯びます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-01


ハナタデ(花蓼):タデ科イヌタデ属の一年草 (だと思うのですが・・・)
花穂は立ち上がり、淡紅色の小さな花をまばらにつけていますが、群生するとそれなりの花数になり目をひきます。ここは日陰なので花は白っぽく、朱色を帯びません。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-02

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-03

葉は互生し、卵形~長卵形で、先の方は細くなり尾状に尖ります。葉の中央部の主脈の左右に黒斑があるものが多いそうです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-04


ミゾソバ(溝蕎麦):タデ科イヌタデ属(またはタデ属)の一年草
木道沿いで群生していました。1ヶ月前は数が少ないと思いましたが、その時よりも増えているように思いました。盛期の順があるのでしょう。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-05

花色(萼色)は、1ヶ月前に見たものよりも白っぽいです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-06


オナモミ(もしくはオオオナモミ):キク科オナモミ属の一年草
果実に多数の棘があります。分かりやすく強力な“ひっつき虫”ですが、大きいのでひっついた後も取り易いです。これがマジックテープのヒントになったとか。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-07


メナモミ(雌なもみ):キク科メナモミ属の一年草
頭花の周りに5個の総苞片があり、ネバネバの腺毛が密生します。これによる“ひっつき虫”です。強風・大雨により倒れているものもありました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1020-3」191108-08

| 樹木・草花アレコレ | 22:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT