きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タマアジサイ,ツキヌキ,ノリウツギなど

お盆に入り、妻の実家に行くので(いつものように)早めに家を出て『埼玉県 花と緑の振興センター』に立ち寄りました。〈散歩日:8月13日〉

Webサイトでは、この時季タマアジサイが見頃になるとの情報がありましたので、探しに行くと木々に囲まれた目立たない所にあり、しかも蜘蛛の巣が・・・。

1~3.苞に包まれた球状の蕾が特徴的です。この時はまだ花を大きく拡げる前の状態のものが多かったです。タマアジサイを見るのは6年前に埼玉県ときがわ町の道路沿いで見て以来のこと。ときがわ町も再訪したくなりました
4~5.先月初見のツキヌキニンドウの様子を見に行くと、緑色だった若い果実が、赤く熟していました。ただ、花数に比べて果実の数は少ないです。鳥の餌に?
「1」「2」「3」「4」「5」
「タマアジサイ、ツキヌキニンドウ」


今回、初めてノリウツギを見ました。アジサイの仲間ですが枝先に大きな白い円錐花序をつけます。ノリウツギもタマアジサイも一般的なアジサイより開花が遅いです。

6~7.花序は多数の花(ほとんどが装飾花)の集まりです。「ピラミッドアジサイ」の名で市場に出回っているとか。花序の重みで枝がたわんでいるようにも見えます
8.フジの若い果実が垂れ下がっていました(通常は実をつける前に除かれる?)
9.品種は不明ですが、翼果が多数実っています
10.タイサンボクも花後で実りつつあります(歩道橋からの画です)
「6」「7」「8」「9」「10」
「ノリウツギ、その他」

スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 18:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

城山公園:草地に作物?

北本自然観察公園の後、城山公園に立ち寄りました。 〈散歩日:8月6日〉

園内の一画に特定の植物を植えていない草地があります。(ひょとしたら年に一種類は植えているのかも知れませんが)いつも雑草?状態で、こちらとしても気にとめない一画です。
ところが、今回はそこにウリ科と思われる植物の葉が繁っていました。
きれぎれの風彩 城山公園0806-01

そして、こんな説明板が。
きれぎれの風彩 城山公園0806-02

草対策のために、作物を育成するという方法を試験的に行っているようです。
「育成」といっても放っているようにも見えますが、これで何かしらの効果が得られるのであれば、これはこれで役立ちそうです。(でも公園なので、花木や園芸植物など何かしら植えた方が喜ばれると思いますけど・・・)


私が散歩する公園では、唯一ここだけに見られるクマシデです。緑色から茶色へ順調(?)に熟しているようです。
きれぎれの風彩 城山公園0806-03

きれぎれの風彩 城山公園0806-04


ロウバイの果実が多数ついていました。面白い形をしていますが、鑑賞向けにはなり難いです。花に比べると・・・・・。
きれぎれの風彩 城山公園0806-05


池の近くのラクウショウは、例年よりも果実が下の位置で多く見られました。
きれぎれの風彩 城山公園0806-06


花壇には、丸いピンクの花が一面に植えられていました。名札を探してみると「千日紅」でした。
きれぎれの風彩 城山公園0806-07


調べてみると、千日紅はヒユ科の春播き一年草で園芸植物として栽培され、紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞を観賞するとのこと。花に見えるのは苞でした。

帰り路で、街路樹に「百日紅」を用いている道路を通りました。千日紅、百日紅と揃いました。
きれぎれの風彩 城山公園0806-08


| 樹木・草花アレコレ | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤブミョウガ、クサギ、樹の実など

久し振りの北本自然観察公園では、この時期ならではの花や果実が新たな光景を創っていました。〈散歩日:8月6日〉

1~3.ヤブミョウガが林床で大きく育ち白い花を咲かせ、若い果実もできていました。花茎が伸びる前の小さな芽は初めて見ました
4~5.クサギの花が咲いていました。ここ数年で樹が大きくなった印象があります
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヤブミョウガ、クサギ」


6~10.遊歩道の頭上に多数の色付き果実が見られました。ミズキウワミズザクラです。特にこのウワミズザクラは、この時期でも多彩な果実を付けているのに驚きます。ラッキーです(別の所にあるウワミズザクラは、全く無くなっていました)
「6」「7」「8」「9」「10」
「ウワミズザクラとミズキの果実」


11.ニワウルシでは若い薄緑色の果実と熟し中の果実が多数垂れていました
12.シラカシには幼なくかわいいどんぐりが
13.これは何でしょう。不明ですがキレイなクリーム色の果実です
14.ママコノシリヌグイは可憐な花を咲かせます…が、痛い方も気になります
15.雨が続いたせいか、林内では様々なキノコが現れていました
「11」「12」「13」「14」「15」
「その他の果実など」

| 樹木・草花アレコレ | 23:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花と緑の振興センター 7月15日

前回、ツキヌキニンドウを見ることができた『埼玉県 花と緑の振興センター』で、その他の目にとまった植物を取り上げます。〈散歩日、7月15日〉

事前にWebで見頃情報を確認した時に、「梅園斜面のヤマユリが終了しつつあり、花が終わり次第に梅園を閉めさせていただきます」とありました。
少なくともヤマユリの花が見られるのであればと楽しみに梅園へ向かうと・・・閉まっているのです。がっかりしたのですが、念のため管理事務所に行き問い合わせてみると「開いてませんでしたか。失礼しました」と開けてもらいました。

1~2.花をつけたヤマユリは2~3株を残すのみでしたが、それでも今年初めてヤマユリを見ることができました
3~5.キョウチクトウは青い空を背景にキレイな真紅の花を咲かせていました
「1」「2」「3」「4」「5」
「花と緑の振興センター 7月15日(1)」


6~7.セイヨウニンジンボクは青い小花が集まりキレイで涼しげです
8~10.こちらのツル性植物はムベだと思います(ほとんど見たことが無いです)。クルクルのツルの部分を触るとカッチカチで、柔らかいという先入観で触ったので驚きました。基の方を見ると細い茎が何本もあり、これにも少し驚きました
「6」「7」「8」「9」「10」
「花と緑の振興センター 7月15日(2)」

| 樹木・草花アレコレ | 22:49 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月の白い花:北本自然観察公園

前回のノイバラも白い花でしたが、北本自然観察公園では他にも白い花を見かけましたのでまとめて記しておきます。〈散歩日:5月20日〉

1~3.エゴノキは2か所で見かけました。一方はほとんどの花が咲いていましたが、もう一方はほとんどが蕾(見上げると花もあり)。違うものです。エゴノキは花柄が長く、最初に見た時の印象は傘の付いた電灯でした
4~5.このガマズミは、日陰地でひっそりと咲いていました。初めてガマズミを知ったのは6年前の秋(散歩を初めて2年目)で、多数の果実に「何、コレ!」と
「1」「2」「3」「4」「5」
「5月の白い花:北本自然観察公園(1)」


以下は、名前を知ったのも花も見たのも昨年が初めてでした。
6~7.オランダガラシがクレソンで、このような花が咲くことに驚き ※昨年
8~9.オヤブジラミの花は極小ですが、白い5弁花でアップで見るとカワイイです。花後はすぐにひっつき虫になります ※昨年
10.イボタノキは開花が少なく、ほぼ蕾状態でした ※昨年
名前は疣から、前のは虱からで、可哀そうな名前を付けられました
「6」「7」「8」「9」「10」
「5月の白い花:北本自然観察公園(2)」


| 樹木・草花アレコレ | 23:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT