きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カエデ類 ~日に透ける紅葉・黄葉

先日(11月26日)行ってきた国営武蔵丘陵森林公園(通称「森林公園」)では、たくさんの方がカエデ園を訪れていました。(朝の早い時間帯は、ほとんどが立派なカメラを担いだ方でした。)

この時点で、森林公園のカエデの紅葉はピークを少し過ぎているように見えました。もしくは、夏の気候のせいかも知れません・・・。私の隣で撮影していたカメラマンの方が、「今年はあまり綺麗じゃないですね。」と言うような感じでした。

当日は天気が良く、また高木が多いこともあり、皆さん下からのアングルで撮影していました。
そこで、今回は下から見た“日に透けた葉”を取り上げてみようと思います。カエデの葉は厚さが薄いので日光が透しやすいですね。

まるで下からライトアップされているように見える時もありました。陽が何かに反射しているのではないかとも思ったり。(実際、その何かを探したりしました。もちろん何もありません。)

1.このオオモミジは、葉の裏から見てもとても紅色が濃かったです。
  日のあたる角度やバックが青空ではなく針葉樹の緑が効いたのかもしれません。
2と3.オオモミジの隣には黄葉途中のカエデがあり、
  そのコントラスがとてもキレイでした。
4.淡い黄緑もキレイですね。
5.横に伸びる枝はイロハモミジの特徴でしょうか。
「1」「2」「3」「4」「5」
「森林公園のカエデ~日に透ける紅葉・黄葉-1」


6~8.紅色に変わるまでの濃淡と、周りの高木からの木漏れ日と、葉の重なり方で
  様々な表情を見せてくれます。
9.こちらの葉裏は淡い紅色です。
10.黄緑色からの色の変化途中です。
「6」「7」「8」「9」「10」
「森林公園のカエデ~日に透ける紅葉・黄葉-2」


以下は、葉裏ではないのですが、折角ですので他の角度のものも載せておきます。
11.紅葉の表側。12.黄葉の表側。
13.様々な色のカエデを横から。
14.高木のトウカエデ(?)の黄緑色と下の紅葉との対比が目視ではキレイだったの
  ですが、写真ではイマイチですね。
15.エンコウカエデという品種の高木です。カエデの樹形のイメージと違いますね。
「11」「12」「13」「14」「15」
「カエデ~森林公園-3」

次回からは気になった幾つかの品種について載せたいと思います。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:39 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT