きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒコサンヒメシャラ ~英彦山の花>姫沙羅の花

ヒコサンヒメシャラ(英彦山姫沙羅)は、ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。発見地の福岡県「英彦山(ヒコサン)」を冠した名前ですが、神奈川県の箱根・丹沢以西~四国・九州に分布します。

樹見散歩中に見かけたのですが、この時はヒコサンヒメシャラとは知らずに(何だろう?と)見ていました。また、散歩日から本日まで日が経ちましたのも多少理由がありまして・・・・・この辺の事は後述します。〈散歩日:5月26日〉

1.白い5弁花で、花の径は4センチほどあります。
きれぎれの風彩 「ヒコサンヒメシャラ」1-1


2.この樹は高さ2メートルほどですが、たくさんの花が咲いていました。
3.蕾は球状で、ほんのり紅をさしています。かわいいですね。
4.開きかけの花です。花弁が丸くなっています。
5.萼・苞の外側には赤みがあり、1片の花弁にも紅が残ります。
6.葉と実の殻と蕾と花の共演でした。緑の中に茶と白+黄ですね。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ヒコサンヒメシャラ ~英彦山の花>姫沙羅の花」

5枚の花弁のうち1枚だけが、うっすら紅をさしたように色づくのが特徴のようです。(この時はそのことを知らなかったので、あまり見ていませんでした・・・。)
葉は互生し、形も大きさも普通のヒメシャラと似ています。


さて、このヒコサンヒメシャラは私がよく行く某所にありましたが、名札は『ヒメシャラ』となっていました。エッ!?と(我が家にもある)ヒメシャラの割には花も蕾も昨年の実の殻も大きいのです。たまたま一緒に見ていた方とも「ナツツバキではないか」という話をしていました。

しかし、その後Webで調べてみると花柄の長さなどがナツツバキとは異なります。(この時はヒコサンヒメシャラのことを知りませんでしたので)ひょっとしたら「ヒメシャラの園芸品種なのかもしれない」などと思いましたが確かなことは分かりません。

そこで、これは聞くしかない!と某所に聞くことにしました。電話をすると、その日は担当者がおらず2日後に電話がありました。曰く「その樹はヒコサンヒメシャラです。名札は間違いで、変える予定です。」とのこと。(これが10日程前のことです。)

名札が間違っていたのなら、とりあえず手書きで書いておけば良いのに・・・などと思いましたが、まぁそれはともかく、この時に初めてヒコサンヒメシャラという樹があることを知りました。(今度同所に行きましたら名札の確認をしようと思います。)

ちなみに、比べるために我が家のヒメシャラも撮りました。〈撮影日:6月12日朝〉
きれぎれの風彩 「ヒメシャラ」


花の大きさでは、ナツツバキ約5センチ、ヒコサンヒメシャラ約4センチ、ヒメシャラ約2センチの順になります。
せっかくのヒコサンヒメシャラですが、埼玉では他に見ることがないかもしれません。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:45 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT