FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハルシャギク ~公園駐車場の黄色い群生

嵐山~都幾川方面へドライブ散歩に行った帰り路、「都幾川リバーサイドパーク」という案内板を目にし(昔はありませんでした)、立ち寄ってみることにしました。
こちらの記事でも少し紹介した所です。)

サッカー場として2面使える大きな広場を左横に見ながら、公園の入口に行くと施設の案内図がありました。見ると・・・・・ん~野外スポーツ施設中心の公園のようです。
であれば、とUターンするためにマレットゴルフ場に隣接する駐車場に入ると・・・・・そこには黄色い花が群生していました。〈散歩日:7月1日〉

ハルシャギク(波斯菊)は、キク科ハルシャギク属の一年草。北米西部原産の帰化植物で明治の初期に観賞用に導入されました。今日では、花壇にも用いられるようですが、空き地や道端などに生える所謂雑草です。

これまでどこかで目にしているのかもしれませんが、今回初めて認識しました。

1.コスモスを思わせる姿形です。花の群生を見ていると黄色くぼやけてきました。
  (小雨まじりのせいでしょうか。光が屈折するのかな。)
きれぎれの風彩 「ハルシャギク」1-1


2.ハルシャギクの花は、筒状花と舌状花の基部が濃紅色で周りは黄色です。
3.蕾も濃紅色です。膨らんでくると中の黄色が・・・。
4~5.お花畑のように咲いていますが、ここは駐車場です。
6.「花弁がほとんど濃紅色のタイプ」もわずかにありました。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ハルシャギク ~公園駐車場の黄色い群生」

花の色模様から別名「蛇の目草・蛇の目菊」といいます。和名の「ハルシャ(波斯)」は“ペルシャ”のことのようですが、北アメリカ原産です・・・よく分かりません。

7.本当にたくさんのハルシャギクでした。駐車場の左右に帯状になっていました。
きれぎれの風彩 「ハルシャギク」1-7


8.ここは、かなり中心部まで拡がっています。忘れてしまいそうですが、
  奥の緑の斜面までは“駐車場”です。(この辺りは水はけが悪いようです。)
きれぎれの風彩 「ハルシャギク」1-8


ハルシャギクは高さ1メートルほどになるようです。ここのは高さ50センチ前後、中には30センチ位で花をつけていました。それに、根元に他の植物はほとんどありません。土地に栄養が無いのでしょう。何故なら駐車場だからです(しつこいですね)。

この日は天気に恵まれませんでした。晴天なら見た目も受けるイメージも違ったかもしれません。でも黄色は反射しやすいので、アップの見た目はこんな日の方が・・・。

それにしても、群生が今年だけなのか、毎年こうなのかは分かりませんが、少なくとも春先から今までこの駐車場が満車になることはないのでしょう。
でも、そのおかげでハルシャギクの群生を見ることができました。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 22:16 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |