FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スモークツリー ~フワフワの初夏の花木

既に花は終わっていると思いますが、6月と7月に「花と緑の振興センター」でスモークツリーを見ました。〈散歩日:6月10日、7月8日〉

スモークツリーはウルシ科コティヌス属の落葉高木で、ヨーロッパ南部から中国に分布します。雄株と雌株がある雌雄異株で、特徴のある花穂は雌株です。
雌株の枝先につく花穂は長さ約20センチほどで多数枝分かれし、花後に伸びた花柄が羽毛のようにフワッフワになります。この開花後の花穂が煙のように見えた(?)のが名前の由来です。別名で「ケムリノキ」や「カスミノキ」とよばれるのも同じですね。

和名は「ハグマノキ(白熊の木)」で、花穂の姿をハグマ(ヤクの尾の白毛)で作られた仏具の払子(ほっす)に見立てたようです。払子を知らないので調べて見ましたが、それほど似ているようには・・・・・。

▼スモークツリー“グレース”という品種です。〈6月10日〉
1~2.枝先にフワフワ、モフモフの花穂がついていました。枝が長いです。
3.不思議な花姿です。初夏の空にお似合い・・・かな。
4.たくさんの花柄が多数枝分かれして、何だかよく分かりません。
5.実際の花を見ていないので、花後の花柄と言われても・・・変わっています。
  それに(歯医者通いをしていたせいか)歯間ブラシのようで・・・(失礼)。
「1」「2」「3」「4」「5」
「スモークツリー“グレース”(1)」

6.葉は円形に近いです。
7.煙の中に、いくつかの果実がついていました。
8~9.約1ヶ月後、雨上がりのため水滴が残っていました。〈7月8日〉
  果実が増えています。色はこげ茶のように濃くなっています。
10.花穂がうなだれているのは、水滴の重みだけではないように思いました。
「6」「7」「8」「9」「10」
「スモークツリー“グレース”(2)」


▼スモークツリー“オーホワイト”実生選抜という品種です。〈6月10日〉
11.この樹は花穂が少なかったです。(昨年は多かったのですが。)
12.スモークツリーの葉は、裏の方が明るい色をしています。
13.花穂は小振りに見えました。
14.同じ樹の昨年同時期に撮った画がありましたので、比較のため載せておきます。
「11」「12」「13」「14」
「スモークツリー“オーホワイト”実生選抜」

スモークツリーにはいくつかの種類があり、園芸品種もたくさんあるようです。また、「初夏に咲く花木の代表」とも言われ、この時期、公園・庭園では目立ちますね。
それにしても、何故このような花穂姿なのか?不思議です。

スポンサーサイト



| 落葉高木 | 23:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |