FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

キツネノマゴ ~穂状の花序に数個の花

クリの木の枝が横に伸び、広い木陰となっている所に小さな花をつけた植物の群落がありました。北本自然観察公園内の自然学習センター内に掲示されている「生きものマップ」によると「キツネノマゴ」という植物でした。〈散歩日:9月1日〉

キツネノマゴ(狐の孫)は、キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草です。
本州~九州の草地や道端に生えます(普通に見られるとのこと)。
変わった名前の由来に定説は無く、花が子狐の顔に似ているとか、花序の形が狐の尻尾に似ているなどの云われがあるようです。

1~3.ここのキツネノマゴは、草丈10~25センチとまばら。茎も枝分かれしたり
  しなかったり。花穂は緑色ですが、花は淡い赤紫色で目につきます。
4.土手の園路脇のキツネノマゴです。く育ち約50センチはありました。
5.茎には節があり、葉は節ごとに対生するそうです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「キツネノマゴ ~穂状の花序に数個の花」


葉は長楕円形で先が尖ります。長さ2~5センチほど。
花は茎の先端から穂状花序を出します。長さ約8ミリの花を咲かせますが、同時に咲く花は少なく1~2輪ずつ咲かせます。花はいわゆる唇形花で、上唇は小さく三角形で白く、下唇は丸く広がって反り、淡い赤紫の花弁です。

6.小さめの花序に咲いた2輪。花序は緑色の苞(?)が密生します。
きれぎれの風彩 「キツネノマゴ」1-6


7.土手で見た大きいキツネノマゴは、花序も大きいです。
きれぎれの風彩 「キツネノマゴ」1-7


日本に古来からある野の花は大半が薬草になり、日本人の生活と深く関わってきたそうです。キツネノマゴもその一つで、全草を乾燥させたものは漢方に利用され、若い葉はお浸しにして食用にしました。


オマケ
左:シュウカイドウが咲き始めていました。
右:キノコだと思いますが、変わった形をしています。サイズは握り拳大です。
きれぎれの風彩 オマケ「シュウカイドウ」   きれぎれの風彩 オマケ「キノコ」


スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 22:36 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |