FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

センニンソウ ~白い十字形の萼片

北本自然観察公園内では、一筆書きで一周するように、基本となる私なりの道順があります。自然学習センターの裏にある園路は、その道順から外れるので滅多に通ることはないのですが、先般たまたま歩くことにしました。すると、白い花をたくさんつけたツル植物が目にとまりました。〈散歩日:9月1日〉

初めて見ますが、他の方のブログでセンニンソウという名前を知りました。
センニンソウ(仙人草)は、キンポウゲ科センニンソウ属の常緑ツル植物(草本)です。
(当初「木本」としていましたが、「草本」に変更しました。11月16日)
北海道~九州の各地に分布し、日当りの良い山野の林縁などに多く見られます。名前は、果実から伸びる白い毛を、仙人のヒゲに見立てたことが由来になっています。

1.スギかヒノキの幹が途中で折れた木に、ツルが巻き付いていました。
2~3.多数の白い花と蕾がついています。葉柄や葉の中間部分などで、他のものに
  絡みついて固定するようです。
4~5.茎はよく分枝します。先端付近の葉腋から三出状の散房花序を出すとの記載
  がありました。画を見て「なるほど~」と思いました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「センニンソウ ~白い十字形の萼片」

センニンソウの花は8月~9月にかけて咲き、多数の白い花をつけます。花の直径は2~3センチ。4枚の花弁のように見えるものは萼で、花弁はありません

6.白い萼片4枚が十字形に開きます。多数の雄しべが伸びています。
きれぎれの風彩 「センニンソウ」1-6


葉は羽状複葉になりますが、単葉で深裂するものから小葉5~7枚まで変異があります。小葉は卵状楕円形で、細長いものや葉の表面に白い模様を出すこともあります。

7.小葉の先端は小さく突出します。鋸歯はありません(全縁)。
きれぎれの風彩 「センニンソウ」1-7


名前の由来になっている果実の先につく長い毛は(もちろん果実そのものも)まだ見ていませんので、この後(忘れないように)見られることを期待しています。

調べていると、全草が有毒で葉や茎の汁に触れると皮膚炎を惹き起し、誤って食べると胃腸炎や嘔吐などを惹き起こすとの記載がありました。さらに、多量に食べると生命の危険もあるとのこと。誰が?いつの頃か?分かりませんが、多量に食べた方がいたのでしょうか。ありえないとは思いますが気を付けましょう。


オマケ
左:メインの園路から外れた所ですが、何かしらの発見がある所です。草地は何度か刈られています。前回のキツネノマゴは画の右側奥の方で見ました。
右:不明ですが、白い花弁に黄色の雄しべ(?)が目に付きました。
きれぎれの風彩 オマケ「草地」   きれぎれの風彩 オマケ「不明」

※白い花は「シラヤマギク」と教えて頂きました。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |