FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヒナタイノコズチ ~大型草本の花は極小

他の方のブログで小さな花を拝見し、次に出かけた時に見てみようと思った植物です。北本自然観察公園の園路沿いで数か所に群生していました。今までも見ていたはずですが、私にとっては所謂雑草でまったくスルーしていました。〈散歩日:9月14日〉

ヒナタイノコズチ(日向猪子槌、牛膝)は、ヒユ科イノコズチ属の多年草です。本州~九州の日当たりのよい道端や野原などに生育します。

名前は、イノコズチ(ヒカゲイノコズチ)よりも日当たりのよい場所に生えることによりますが、そもそものイノコヅチの由来は、茎の節のふくらみが猪の子の膝頭に似ているということからという説や他にも諸説あるようです。

1.大きなものは1メートル以上あります。茎も太くしっかりした感じです。
2~3.枝先で3つに枝分かれし、その先に細長い穂状の花序をつけています。
4~5.こちらは斜面地の群生で、草丈は50センチほどでした。
  伸びている花序は、ほとんど果実になっています。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヒナタイノコズチ ~大型草本の花は極小」

蕾と花は横を向き、花後は下を向きます。果実だけになる頃には花穂はより細長くなるようです。果実には小さなトゲがあり衣服や動物の身体にくっつきます。
(この「ひっつき虫」は知っていました。)

6.茎の断面は四角状で、短い毛がつきます。茎は節で枝分かれし、節は膨らみ赤味
  を帯びます。

きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-6


7.見たかった小さな花は、本当に小さく径は数ミリ。進んでいる老眼では厳しい。
  マクロで見ると迫力のある花序です。
きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-7


8.緑色の花は見ようと意識しなければ分からないと思います。
  花被片は5枚、雄しべは5本、雌しべは1本のようです。花軸に毛があります。
きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-8


花は開いた後、花被片が再び閉じるので、つぼみと果実の区別がつきにくいのですが、今咲いている上の方は蕾ということでしょう。

本種をイノコズチ(ヒカゲイノコズチ)ではなく、ヒナタイノコズチと紹介していますが、ひょっとしたら違うかもしれません。

ただ、調べてみると「ヒカゲイノコズチは花がまばらにつき、ヒナタイノコズチの方は花が密につきます。」という記載がありました。園内の日陰でも似たようなのを見ましたが、まさに花がまばらでした。

また「葉の裏の毛の長さがヒナタの方が明らかに長い」とのことですが、この時は知りませんでしたし、花に注目していたので、葉を見るのを忘れていました。いずれにしても、両者を並べて比較しないと分からないかもしれません。

なお、イノコズチとイノコヅチの表記があり、「ズ」と「ヅ」のどちらを使うのか?検索してみると、図鑑類ではイノコズチで、現代仮名遣いのルールに従うとそうなるようです。ミミズクと同じ解釈です。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:18 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |