FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヌスビトハギ ~淡紅色の花とメガネ果実

田舎で育ったので幼い頃から果実は「メガネのひっつき虫」としてよく見ていましたが、名前は知りませんでした。他の方のブログで「ヌスビトハギ」という名前と、かわいい花を咲かせることを知りました。〈散歩日:9月14日、北本自然観察公園〉

ヌスビトハギ(盗人萩)は、マメ科ヌスビトハギ属の多年草で日本各地に分布します。名前の由来は、泥棒が足音を立てないように足裏の外側だけを地面に着けて歩いた時の足跡が、果実の形と似ていることによります。

草丈は1メートル以上になります。葉は3出複葉、小葉は三角に近い長卵形で、頂小葉は側小葉よりも大きい。(といっても、今回はほとんど葉は見ていません。)

1~3.茎は細くて硬く、株立ちになって立ち上がり、茎の先に細長い総状花序を
  つけます。花序は多く長いです。この株は大きくて驚きました。
4~5.花序にまばらにつく花の様子です。淡紅色の蝶形花は長さ3~4ミリ。
  小さく可愛らしい花です。盗人の名前には似あわないです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヌスビトハギ ~淡紅色の花」

果実は、種子1個を含む節に分かれる節果で、この種では普通は二節となります。個々の節は偏平で半円形、節と節の間は大きくくびれ、眼鏡のようになります。

6.果実は、まず細長く伸びます。少しくびれています。
7~8.半円に膨らんできます。真っすぐな方は折り返しがありフレームのよう。
9.別の株で、果実の側面に赤褐色の斑紋がでています。
10.こちらの株では、斑紋がさらに強くでています。
「6」「7」「8」「9」「10」
「ヌスビトハギ ~メガネ形の果実」

果実の側面には、細かな鉤のような毛が密生しており、マジックテープ式に衣服などにくっつくようです。

花にはまだまだ疎い私にとって『ハギ』という単語には雅やかなイメージがありますが、「メガネのひっつき虫」にその名がついていたことと、可愛らしい花をつけることに少し驚きました。ただ、盗っ人だけはいただけないですね。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 22:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |