きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イヌザクラ ~穂状の総状花序

我が家のサクラがウワミズザクラとは分からず、蕾の頃に何者?と調べている時にウワズミザクラだけでなくイヌザクラのことも知りました。北本自然観察公園にはイヌザクラもあり、一見してそれと分かりました。〈散歩日:4月19日,27日〉

イヌザクラ(犬桜)は、バラ科サクラ属(ウワミズザクラ亜属)の落葉高木です。
本州~九州、済州島の山地に自生します。一般に樹高は10~15メートル。

ウワミズザクラと同様に総状花序を出し、白い小さな花を多数つけます。
園内では、林縁に低く枝を出している樹もあり、間近で見ることができました。

〈4月19日〉ウワミズザクラは咲いていましたが、イヌザクラは蕾でした。
1~3.近くで見られるのはイイことです。葉は長楕円形
4~5.別の大きい樹です。こちらでも多数の花序がついていました
  枝から花序のみが伸びています。葉がない(※)ので本種とわかりました
「1」「2」「3」「4」「5」
「イヌザクラ ~穂状の総状花序(1)」

 ※ウワミズザクラは花序をつける枝に葉が3~5枚つきます。

〈4月27日〉花が咲いていました。
6~7.満開です。花序の数はウワミズザクラよりも多いです
8.花の中央は黄緑色と橙色があります。橙色→黄緑に(ウワミズザクラは緑色)
9~10.別の樹も咲き始めていました
「6」「7」「8」「9」「10」
「イヌザクラ ~穂状の総状花序(2)」

イヌザクラの花はまばらにつき、ウワミズザクラのように密集していないので、花序全体としては白が薄くなり遠目ではそれほど目立たないようです。
また、雄しべの数はウワミズザクラよりも少ないです(半分以下)。


さて、同園でのイヌザクラの場所が分かったことにより、以前「ウワミズザクラ~色づき変わる果実」で載せた果実の一部がイヌザクラだということが判りました。
修正追記します。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 22:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT