きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブラックベリー ~黒く熟すキイチゴ

当市内にあるお寺の駐車場に入る狭い通路の片側が生垣になっており、そこにたくさんのキイチゴのような果実がなっていました。栽培種のことはほとんど分かりません。後ほど調べてみると「ブラックベリー」でした。〈散歩日:6月28日、7月20日〉

ブラックベリー (Blackberry) は、バラ科キイチゴ属の一群の種または一種の低木およびその果実のことをいいます。(総称とか狭義ではとか分類は難しそうです。)

初心者的説明では「ブラックベリーはアメリカ原産のキイチゴ属に属して実が黒紫色に熟するいくつかの種」とのことです。また、落葉半つる性のようです。
ラズベリーも同じような集合果ですが、赤い色のまま熟します。
別名・和名はセイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺)のようです。

果実は、小さい核果(水分を多く含み中に種が一つある)がたくさん集まってできた球形の集合果です。果実は最初、黄緑色~赤紫色~(熟して)黒色と変化します

1~3.<6月28日>ベリーの類をほとんど見たことがありませんので、たくさんの
  果実が実った光景には少し驚きました
4.葉は3出複葉で、互生します。小葉は先の尖った卵形で、鋸歯があります
5.僅かに残っていた花です。淡紅紫色を帯びた5弁花で、総状花序です
「1」「2」「3」「4」「5」
「ブラックベリー ~黒く熟すキイチゴ」


6.<7月20日>気になっていたのですが、少し間が空いてしまいました
  果実は黒く熟し、遅れた果実はまだ赤く、全体の果実の数は激減していました
きれぎれの風彩 「ブラックベリー」1-6


一般的に結実期は7月から8月上旬。果実は生のまま食べることもできますが、多少酸味があるためジャムにして食べることが多いようです。
新潟産の私は、パン&ジャム文化が身近に無かったのですが、試してみたい気持ちになりました。
スポンサーサイト

| 他の木元 | 23:10 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT