きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北本自然観察公園 初冬の景色

前回は12月の果実をまとめて取り上げましたが、今回はそれ以外の景色などを取り上げます。〈散歩日:12月13日・21日〉

1.坂を上がった所にススキの生える草地があります。ここは昔カヤ場だったそうで、ススキはその名残りのようです
2.湿地のヨシ原では、まだ穂をつけたヨシがたくさん
3.ヤマノイモの果実は中の種子が飛んで空っぽです
4.ツルの先に豆果がありました。これは不明です
5.引っ付き虫、引っ付かず、ヌスビトハギが枯れていました
「1」「2」「3」「4」「5」
「北本自然観察公園 初冬の景色(1)」


6.白黒の細い樹がありました。近づいてみるとササのようで、幹は黒く皮の部分が白くなっています。メダケだと思うのですが・・・
7.ウメについたコケは、緑色の配偶体が色褪せ、胞子体は枯色に
8.落葉せずに紅葉の葉をつけたままの幼木がありました。これはコナラ?・・・葉柄が無いのでミズナラでしょうか
9.ウシハコベは、まだ頑張って花を咲かせようと(12/21なのに)
10.2本のコウヤボウキの冠毛が満開で寄り添っていました
「6」「7」「8」「9」「10」
「北本自然観察公園 初冬の景色(2)」


11.バーダーさんがカメラを向けている先を見たらキジがいました。久しぶりに見ましたが独特の鳴き声が聞こえませんでした。繁殖期ではないためのようです(昨日忘年会で鳥見屋さんに確認)
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 初冬の景色」11



本日帰省し、新潟の実家に着きました。実家では今年からやっとネット環境が整い、甥っ子のPCを借りて今年最後の記事を投稿できました。来年もこんな感じで続けていこうと思います。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 17:32 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT