きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホタルブクロ ~大型釣鐘状の花

市内のお寺の片隅でホタルブクロを見つけました。子供の頃から知っている野草ですが、樹見散歩を初めてからホタルブクロを間近で見るのは今回が最初だと思います。郷愁を感じるホタルブクロにこんな所で出合うとは・・・驚きました。〈散歩日:5月24日〉

ホタルブクロ(蛍袋)は、キキョウ科ホタルブクロ属の多年草(冬は茎葉が枯れて根の状態で越す宿根草)で、東アジアに広く分布します。日本では山野や野原、道端など見られます。夏に咲く花を観賞目的に山野草として栽培されることも多いそうです。

〔Webで確認した特徴〕
・地中を匍匐枝(ほふくし、ランナー)を出して増え、初夏に茎を直立させる
・根出葉はハート形で開花時期には枯れる。茎葉は披針形で互生、上部ほど小さい
・花は大きな(長さ4~5センチの)釣り鐘状で、下向きに数個をつける
花色は白~濃い紅紫色まで多種。 雄しべは5本、雌しべは1本
・萼片は5枚で、萼片の間に反り返る付属片がある

植えられたものでしょうが、境内の目立たない片隅にあり「何故ここに?」と
草丈は小振りでしたが、小さくとも花をつけていました(通常30~80センチ)
花色は関東では赤紫色が、関西では白色が多いとの記載がありました
花冠の先は浅く5裂し、内側には濃い色の斑点があります。全体的に毛があります
「1」「2」「3」「4」「5」
「ホタルブクロ ~大型釣鐘状の花」

日本では古くから親しまれている野草で、地方ごとの呼び名も多そうです。別名は、ツリガネソウやチョウチンバナ、トーローバナ、チョウチン、フクロバナなど。

ホタルブクロのことは、春のツクシなどと同じように幼い頃には知っていたと思います。(新潟の片田舎です)親か祖父母から教わったのでしょう。実際にホタルをこの花に入れて遊んだりしました。
小学校の低学年(?)頃までは、近くの田んぼや用水路でホタルが見られたのです。
とても懐かしく大切な思い出です。♪ホーホーホタルこい。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:48 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT