きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

クロガネモチ ~多数&綺麗な初冬の果実

桶川で巨樹を見た後は、伊奈町記念公園に立ち寄りました。3年近く前の1月に、同所で赤い実のたくさんついたクロガネモチを見て驚きましたが、この日はさらに多数の果実がありました。〈散歩日:12月12日〉

クロガネモチ(黒鉄黐)は、モチノキ科モチノキ属の常緑高木で、関東以西の本州・四国・九州に分布します。雌雄異株で公園や庭木に用いられます。花は5月~6月にかけて淡い紫色の花を咲かせ、秋に径6ミリほどの赤い果実をつけます。

1.この公園の広場には、10本近くのクロガネモチがあります。といっても見えているのは雌株だけですが・・・
2.木の枝々に(まんべんなく)実が付いています
3~5.調べていると「多数の真っ赤な実を付けた秋の姿は非常に美しく、冬までその姿を楽しむことができます。」との記載がありました。キレイな果実です
「1」「2」「3」「4」「5」
「クロガネモチ ~多数&綺麗な初冬の果実」


2013年1月12日に見た時の日記を読み返すと、「野鳥についばまれたのか、果実が無いのもあり…」と書いていますので、柄だけが残っているのも多かったと思いますが、今回はほぼ満付き(?)状態です。良いタイミングでした。

クロガネモチは、しばしば庭木として用いられ、比較的都市環境にも耐えることから、公園樹や街路樹として植えられるそうです。また、「クロガネモチ」が「金持ち」に通じることから縁起木として好まれる地域もあるようです。


オマケ≫ 同公園の様子です。
6~7.湿地周辺は、誰もこないのでとても静か。木は主にハンノキだと思います
8.様々な樹種の混じった雑木林は、まだ紅葉が残っていました
9.ナンキンハゼは高い位置にあり、残念(画はズームで)
10.バラ園では2~3人の方がメンテナンスをしていました(画は気になった名前)
「6」「7」「8」「9」「10」
「初冬の伊奈町公園」
スポンサーサイト

| 常緑高木 | 23:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT