きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キチジョウソウ ~穂状花序は縁起花

今回からは、武蔵丘陵森林公園で見た植物を取り上げます。野草コースの入口で初めて「キチジョウソウ」という植物を見ました。〈散歩日:10月16日〉

キチジョウソウ(吉祥草)は、キジカクシ科(スズラン亜科)キチジョウソウ属の常緑多年草です。関東以西の本州~九州の林内に自生します。花期は9~11月。

〔Webで確認した特徴〕
・地下茎が長く伸びて広がり、所々に多数の根をおろし、葉と花茎を出す
葉は広めの線形で、長さ10~30センチ
淡紅紫色の花が穂状につき、花被片は先が丸く反り返る。花冠は「6深裂」と「花被片が基部で合着する」という記載があり?花茎の高さは10センチ前後
・しべは花の外に突き出る。雄しべは6本で、基部は花被片に合着する

1.群落の様子です。名札で確認できました。葉はジャノヒゲよりも幅があり、明るい緑色です。葉が大きくなると花を見つけにくくなりそうです
きれぎれの風彩 「キチジョウソウ」1-1


2~4.園路沿いでは(地面が固いのか)、地下茎が地表に出て伸びている様子が見られました。束生する葉の脇に花茎を直立させます
5~6.アップで見ると確かに雄しべは花被に合着しています。目立つ葯は長さ2ミリほど。花被の外側と花茎は紫色で、花被はそれよりも白っぽいです
「2」「3」「4」「5」「6」
キチジョウソウ ~穂状花序は縁起花」


和名は、この花が咲くと吉事がある、家に吉事があるとこの花が咲く、といった言い伝えから「吉祥草」と名付けられたようです。なので縁起花とも云われているようです。(でも、毎年秋に花を咲かせます。)
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT