FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トリカブト ~烏帽子を被った花

名前は知っているけど見たことが無い。そんなトリカブトを武蔵丘陵森林公園で初めて見ることができました。〈散歩日:10月16日〉

トリカブト(鳥兜)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称です。本州の東北地方から中部地方に分布し、日本には30種ほどが自生します。ドクウツギ、ドクゼリと並ぶ日本三大有毒植物の一つですが、観賞用としても人気のある山野草です。

〔Webで確認した特徴〕
・花期は8月~10月。草丈は1メートル前後
・葉は互生し、3~5つに深く裂ける(手のひら状)
・花は茎頂や茎の上部から柄を出して、青紫色の兜状の花をつける
・果実は袋果で熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する

形態に変化が多く、種類も多いため種分類が困難な一群のようです。また、花色は一般に紫色ですが、白色や淡黄色、ピンク系などもあります。
和名の由来は、花の形を舞楽の時にかぶる鳥兜にたとえたものとされています。

1.初めて見たトリカブトは(後にWebで見た画よりも)花数が少なく、時期的に少し遅めだったと思いました(でも、初めてなので取り上げています)
きれぎれの風彩 「トリカブト」1-1


2.花は変わった形をしています。特に烏帽子のような上萼片は印象的です
  花の詳細は下段に記しましたが、画では下萼片が見えません(?)
3.花が終わるとともに、葉も元気がなくなってくるようです
4.変わった形は花だけでなく果実も昆虫の幼虫か蛹のような形です
5.葉は深裂し、さらに粗い鋸歯(?)があります。これも重鋸歯(?)
「2」「3」「4」「5」
トリカブト ~烏帽子を被った花」

花弁のように見えるのは5枚の萼片で、それぞれ虫媒介に適した働きがあります。
・上萼片(1枚):花上部の兜状(烏帽子状)の萼片で、中にある蜜を貯めている花弁を守り、雨も入らないようにする働きもあります
・側萼片(2枚):左右にある大きな萼片。ハチ等の誘導と姿勢を制御します
・下萼片(2枚):下部にある小さな萼片。ハチ等がとまるときの足場の役割

山野で見られるトリカブトは、ヤマトリカブト(山鳥兜)が多いようです。今回みたのも同種かもしれません。

スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |