きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオカンザクラ(大寒桜)・安行寒桜

前回『埼玉県花と緑の振興センター』でのカンヒザクラ(寒緋桜)を取り上げましたが、同センターには、カンヒザクラとオオシマザクラ(大島桜)ないしヤマザクラ(山桜)との交雑種とされる大寒桜・安行寒桜が見頃でした。〈散歩日:3月19日〉

オオカンザクラ(大寒桜)はバラ科サクラ属の落葉高木で、樹高は10メートルくらいになります。埼玉県川口市安行にあったカンザクラの一種で、安行の土地にちなんで、安行寒桜(アンギョウカンザクラ)とも言います。

開花時期は3月の中旬~下旬くらいで、ソメイヨシノよりも1~週間ほど早く咲きます。といっても、カンヒザクラ系の桜の中では遅い方のようです。
名前は普通のカンザクラ(寒桜)より花が大きなことによります。

1~5.梅園の奥の方に2本の安行寒桜があり、これは一番奥の木です(昨年も載せました)。大きく横に枝を拡げ、そこに多数の花を付けており(満開状態)、モコモコと厚みのある花は桃色の雲のようです。枝は高く花のアップはズームです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「オオカンザクラ(大寒桜)・安行寒桜」

花は一重咲きで、5枚の花弁は淡紅色。やや下向きにつき、完全に平開しないのが特徴で、花径は3センチ前後。

6.道路反対側の別の木です。東側~東南側に高木があり日陰になるせいか花数は少ないようです。でも、花色はキレイに見えました。
きれぎれの風彩 「オオカンザクラ」1-6


調べていると、安行寒桜の原木は当振興センターの創設者である田中一郎氏の家にあったもので、それを同地の小清水亀之助氏が接ぎ木で増やし広めたとの記載がありました。オオカンザクラ名はその後に付けられた名前とのことです。

当センターからそれほど遠くない所にある密蔵院は、安行寒桜のお花見スポットのようです。また、安行寒桜で検索してみると、埼玉県坂戸市にも知られざる名所があるとのことで、来年は行ってみたいと思います。

| 落葉高木 | 23:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT