きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オトコヨウゾメ ~5裂する白い小花

先週は結婚式とかで散歩できず、昨日は雨だったので、今日こそはと事前に北本自然観察公園のWebをチェックすると「オトコヨウゾメ」の花が咲いたと記されていました。見たことがありませんので、楽しみに出かけました。〈散歩日:4月23日〉

オトコヨウゾメは、レンプクソウ科(←スイカズラ科)ガマズミ属の落葉低木で、日本固有種。北陸を除く本州・四国・九州の樹林内や林縁に分布します。

〔Webで確認した特徴〕
・樹高は1~3メートルで幹は細く、分枝して茂る。紅葉する
・葉は対生し、長さ3~7センチで卵形~長楕円形、先端が尖る。粗い鋭鋸歯あり
・花期は4月下旬~6月で、短い枝先に1対の葉とともに散房花序をつける
 白色の花は浅く5裂し、径1センチ弱。雄しべは5本
・果期は初秋~11月。果実は中に種子1個が入る核果で長さ5~8ミリ。赤く熟す

1.樹高2メートルほど。幹は細く上の方と胸高ほどで茂っていました
きれぎれの風彩 「オトコヨウゾメ」1-1


2.細い枝を寄せてみると、キレイな角度を保って枝が分枝しています
3.花序の花数は様々です。他のガマズミの仲間は花序を上向きにつけますが、本種は横向き~垂れます。小さく可愛らしい花で、野趣&奥ゆかしい感じです
4.葉は細い枝の先に短い葉柄をつけて対生します。葉脈クッキリ
5.近くには、こぼれ種で育ったのか、樹高1メートルほどのも
6.さらに、樹高20センチほどのも花をつけていました。これからが楽しみです
「2」「3」「4」「5」「6」
「オトコヨウゾメ ~5裂する白い小花」

オトコヨウゾメという変わった(?)名前の由来は、はっきりしないそうです。

ところで、当園のオトコヨウゾメは、Webでは場所の記載がなく、いつもの『生き物マップ』にも記載がありませんでした。そこで、あの辺りではないかと検討をつけ南西側の林縁沿いの園路を歩いていると、進行方向から若い職員がやってきましたので、聞いて場所が判明しました。ラッキーでした。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 21:28 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT