きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

北本の『エドヒガン』2017

先週、北本市では一番大きなサクラとされている、北本自然観察公園の『エドヒガン』を見に行きました。やはり正面駐車場は満車でならんでおり、別の駐車場から入りました。普段この公園に来られない方もこの時とばかりに・・・。〈散歩日:4月2日〉

エドヒガン(江戸彼岸)は、バラ科サクラ属の落葉高木で、オオシマザクラやヤマザクラ、カンヒザクラ、マメザクラ等と並ぶサクラの原種(野生種)の一つ
和名の由来は、江戸で彼岸の頃に咲くことによります。

1.木道を進んでいくと、左手に見えてきます
2~3.近づいていくと、見上げるようになりますので、ちょっと残念
4.ほぼ満開の状態だったと思います。ラッキーでした
5.さらに先に行って、振り向いた光景です。位置的に逆光になってしまいます
「1」「2」「3」「4」「5」
「北本の『エドヒガン』2017」


6.一番下の枝でも位置が高いので花はズームで。萼筒が丸く膨らむのが特徴です
きれぎれの風彩 「北本のエドヒガン」2-6


北本のエドヒガンは樹高が29メートルで、樹齢は約200年とされています(市のWeb)。エドヒガンはサクラの中では長寿の種で樹齢1000~2000年の樹もあります。また、観賞用サクラの代表種であるソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交配種で、シダレザクラもエドヒガン系がほとんどのようです。


ところで、中央区神田須田町の靖国通り沿い、老舗そば屋「まつや」の前にエドヒガンがあります。一昨日(6日)、近くの角打ち(加島屋酒店)に行く際に見ましたが、ほとんど花は散っていました。
このエドヒガンは地域のシンボルツリーになっており、大切にされているそうです。
(角打ちのママさん談)
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 21:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |