きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ウラシマソウ、スミレの仲間

ウラシマソウを初めて見たのは2年前で、北本自然観察公園の林内です。特徴のある姿に驚きました。それから、昨年は公園内の別の場所でも見ることができ、今年もさらに別の場所で見られました。〈散歩日:4月2日〉

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草です。肉穂花序の先端に細長い付属体がつき、仏炎苞の中から上に出ます。付属体の釣り糸状に長く伸長した姿を、浦島太郎が釣糸を垂れている姿に見立てたのが名前の由来。

1.園路の山側の斜面に小葉を鳥足状につけた葉があり、その隣には仏炎苞に包まれた肉穂花序が出ていました
きれぎれの風彩 ウラシマソウ・スミレ170411-01

2.浦島太郎の釣り糸は、昨年見たのものに比べるとイマイチ。途中で折れた?
3~4.その反対側にもありました。葉はとても小さいのに花序が出ていました。他にもいくつか葉がでていますが、園路なのでたぶん土に栄養分はないと思われ…
5~6.2年前に見た場所では、大きな葉が出ているのに花序はまだ小さいです
「2」「3」「4」「5」「6」
「ウラシマソウの肉穂花序」

何が影響してウラシマタロウの花序(生育)に違いが出るのか分かりませんが、生育環境でずいぶん違うものだと思いました。


園路沿いや草地では、スミレの仲間も幾つか見ることができました。
7.タチツボスミレ(立坪菫)の淡紫色の花。有茎種の代表でしょう
8~9.マルバスミレ(丸葉菫)は無茎種で、白い花色と丸い葉が特徴
10~11.生き物マップによるとコスミレ(小菫)とノジスミレ(野路菫)だと思われます。まだ小さいです。両方とも無茎種
「7」「8」「9」「10」「11」
「北本のスミレの仲間」

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:25 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |