きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GW新潟帰省時の山野草

前回までGW新潟帰省時に見かけたトキワイカリソウ、ショウジョウバカマ、アズマシロカネソウ、ヒロハテンナンショウを取り上げました。今回はその他の山野草を記録しておきます。〈散歩日:5月4日〉

1~2.ミズバショウは白い仏炎苞が落ち始め、葉が多数出ていました
3~4.林床のオオイワカガミ。例年とは違う場所で見つけました
5.このスミレの仲間は?葉は(種の)スミレに似ていると思うのですが・・・
「1」「2」「3」「4」「5」
「6」「7」「8」「9」「10」
「2017GW新潟帰省時の山野草」

6~7.オオバキスミレは日本海側多雪地域に多く分布します。根茎で増えるので、ここでも群生が見られました。有茎種で5のスミレとは様相が異なります
8~9.人家近くのニリンソウ。この場所以外では見かけてないです
10.その近くにはキクザキイチゲ。花期の終わり頃のようです

復習すると(前の日記をみると)ニリンソウもキクザキイチゲもキンポウゲ科イチリンソウ属で、花弁に見えるのは萼片です。

11.杉林のチゴユリは、まだ花をつけておらず・・・残念
12.花の終えたカタクリは、若い果実がついているのもありました
13.痩せた土にはツクシ。娘曰く「気持ち悪いくらいたくさんある~」
14.実家近くの畑に植えた山ウド。新鮮な根元はサラダでもOKだそうです
15.散歩中に見かけたゼンマイの天日干し。何度か揉むことで柔らかくなります
「11」「12」「13」「14」「15」
「2017GW新潟帰省時の山野草」

スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 22:45 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT