きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ツツジ ~物見山公園

(前回の)箭弓稲荷公園を出た後、Webでツツジの名所とされている東松山市の『物見山公園』に行きました。同公園および周辺(埼玉ピースミュージアムや岩殿観音)には、過去に行ったことがありますが、今の時期は初めてです。〈散歩日:4月30日〉

市南部にある標高135mの物見山は、古くから比企丘陵を代表する展望の地として知られており、四季を通じて比企丘陵の自然を満喫できます。春には、約4万本のツツジが見ごろとなります。(市のWebサイトより)

麓の「もみじ谷」から東屋や山頂近くまでは、斜面にカエデなどの落葉広葉樹の林があり、遊歩道が斜面を縫うように幾筋も作られています。

1~5.その斜面林にはヤマツツジが多数あり、歩いていると前にも山側・谷側にもヤマツツジが拡がり、進む毎にいろんな光景が見られます。落葉広葉樹の新緑とヤマツツジの朱色の花と森林浴でとても気持ちの良い景色でした
「1」「2」「3」「4」「5」
「ツツジ~物見山公園(1)」


6~7.ヤマツツジの花色は朱色が多く、より赤味が強いのもあります。花冠は径3~4センチの漏斗型で5中裂。裂片は円く、上側の裂片内面に濃い斑点がでます
8~10.山頂近くから高木が少なくなり、ツツジのみが目立ちます。頂上付近はキレイに剪定されたツツジが多くなります
「6」「7」「8」「9」「10」
「ツツジ~物見山公園(2)」


ツツジは種類が多く、古くから栽培され親しまれている植物ですので、見せ方も様々あるのでしょう。物見山公園のツツジを見て改めて思いました。

(昨年の6月に訪れた時にも斜面の遊歩道を歩きました。その時は「何でこんなに細かく遊歩道を作ってあるのだろう?」と思いましたが、ツツジの花やカエデの紅葉の頃を想定して作られたものと理解しました。)
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 22:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |