きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ジュウニヒトエ ~小さな唇形花の穂状花序

物見山公園(東松山市)のもみじ谷から遊歩道を上る際、道沿いに小さな白い花を多数つけた植物を幾つか見かけました。似たような花を見たことがある・・・と思ったのですが、調べてみたら初めてのジュウニヒトエでした。〈散歩日:4月30日〉

ジュウニヒトエ(十二単)はシソ科キランソウ属の多年草。日本固有種で本州と四国に分布しますが、幾つかの府県で絶滅危惧種に指定されています。
和名は、花が重なり合う様子が平安時代の宮中の衣装「十二単」に見立てたものとする説が一般的です。

〔Webで確認した特徴〕
・花期は4~5月。草丈は15~20センチ
・葉の脇から穂状花序を出し、白色(薄紫色)の小花(唇形花)を重ねて咲かす
 花径は1センチほど。上唇は2つに浅く裂け、下唇は大きく3つに裂ける
・葉は対生し、長楕円形(のさじ型)で粗い波状の鋸歯がある

1.遊歩道の傍らで、茎を直立させ、その先に白い花序をつけたジュウニヒトエのまとまりがありました。(この日見た中では一番大きなまとまりです)
きれぎれの風彩 「ジュウニヒトエ」1-1


2.十二単に見立てたという見方は、実際の十二単をほとんど見たことがないのでピンときませんが、草丈に対しての花数はとても多いと思いました
3.葉は全体に白色の毛が密生しているので、白っぽく見えるとのことです
4.日当たりの良い所でも見つけましたが、花茎が伸び花序は小さかったです
5~6.唇形花の裂片には縦に紫色の筋があります。雄しべは4本で2本が長い
「2」「3」「4」「5」「6」
「ジュウニヒトエ ~小さな唇形花の穂状花序」


同属を代表するキランソウも見つけました。キランソウの花も唇形花で似ていますが、茎を地面に沿うように伸ばしますので、姿が全く異なります。
きれぎれの風彩 物見山公園のキランソウ


「似たような花・・・」と思ったのは、昨年、埼玉県花と緑の振興センターで見た外来種のアジュガ(セイヨウジュウニヒトエ)で、花色が濃い青紫色でした。花壇にジュウニヒトエと名札で植えられているものは、ほとんどアジュガとの記載もありました。

また、ジュウニキランソウという、ジュウニヒトエとキランソウの交雑種もあるそうです。個体差もあるでしょうから区別しにくいかもしれません。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:35 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |