きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トキワイカリソウ ~碇形の花、三枝九葉

GWに新潟へ帰省した際、山地の道路で車を止めては道路沿散策をしていると、白い花を見つけました。初めて取り上げるトキワイカリソウです。〈散歩日:5月4日〉

トキワイカリソウ(常葉碇草)は、メギ科イカリソウ属の常緑の多年草です。本州の日本海側(多雪地帯)の林縁や明るい林内などに分布します。別名、三枝九葉草。

〔Webで確認した特徴〕
・花期は4~5月。草丈は30~50センチ
花弁は4枚で、長い距がある。福井県から東は白花、西は赤紫花が多い
・葉は越冬し、花と同時期に新葉が展開する
 葉は2回3出複葉で、3つに枝分かれした先に3枚ずつつく(三枝九葉)
 葉身は先が尖る卵型~狭卵型だが変化も多い。少し光沢がある

名前は、花の形が碇に似ており(イカリソウ)、葉が冬でも枯れないで残る=>常緑=常葉・常盤であることから付けられてとされています。

1.斜面の下側からの草姿です。柔らかそうな若葉と下向きの花をつけていました
2~3.曲がった距のついた4弁花の基には、白い肉萼片も4片あり賑やか。距は蕾のときは先端に集まっており、開花と共に平開するようです
4.一般的な2回3出複葉は2つが横に出る感じですが・・・・・三枝九葉がしっくり
5.葉脈が窪んで、少し光沢があります。花後、葉は大きくなるそうです
「1」「2」「3」「4」「5」
「トキワイカリソウ ~碇形の花、三枝九葉」


6.群生している所もありました。画の左下、濃い緑の葉は越冬葉かもしれません
きれぎれの風彩 「トキワイカリソウ」1-6


花には小さな蟻がいました。イカリソウの仲間は、種子に蟻が好むエライオソーム(種枕)という物質がついていて、蟻は種子ごと巣に運ぶことで播種を手伝っているそうです。ここの種子はまだだと思いますが、匂い?様子見?なのでしょうか。

GW新潟帰省でのいつもの山散歩コースでは、これまでトキワイカリソウを見ていません(見逃してることもあるでしょうけど…)。その代わり、ここでは見なかったチゴユリが幅を広げています。同じ地域でも山野草の分布は様々なようです。
来年は、機会があればまた別の場所へも行ってみようと思います。

なお、GW帰省時のことは、散歩のことも含め別ブログでも取り上げました。


スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 21:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |