きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ショウジョウバカマ ~白っぽいタイプの花

GW新潟帰省時に、娘夫婦と一緒にいつもの山散歩コースへ行きました。その際、ブナ林と杉林が交じる辺りにショウジョウバカマを見つけました。〈散歩日:5月4日〉

ショウジョウバカマ(猩々袴)は、ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。北海道から九州までの、谷沿いや林野のやや湿った場所に自生します。
他所でよく見かけるのは紅紫色系の花ですが、今回見かけたのは白っぽい花でした。
(3年前に日記で取り上げましたが、薄い赤紫色?でした)

・花期は4~5月。草丈は10~30センチ(花後は50センチほどに)
・根生葉はやや細長く光沢があり、根本からロゼット状に広がる
 花茎に数個の鱗片葉(りんぺんよう)をつける
・花は径1~2センチ強で、花茎の頂に総状につけ、半球~球状にまとまる
 花の咲き初めは雌しべの柱頭が飛び出た雌性期で、その後雄しべが伸びて雄性期

1.枯葉の積もった林床で、スクッと花茎を伸ばしていました
きれぎれの風彩 「ショウジョウバカマ」2-1


2.本種の中では白っぽい花色だと思われます。雄しべがのび葯が開いた雄性期です
3.└トリミング。以前の花でもアップにすると細い蜘蛛の糸のようなものが(?)
4.寄りそうような2本の花茎です
5.木漏れ日が・・・・惜しい。画を見て新しい根出葉!と思ったら別の木の葉でした
6.参考に5年前に見た紫色系の花です
「2」「3」「4」「5」「6」
「ショウジョウバカマ ~白っぽいタイプの花」


実家にいる頃には、よく見かけたショウジョウバカマですが、帰省時の一日の1~2時間では良いタイミングで出会うのは難しいものだと感じた次第です。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |