きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツキヌキニンドウ ~花茎が葉を突き抜ける

今年の3月以来、久し振りに『埼玉県 花と緑の振興センター』に立ち寄りました。それほど時間は無かったのですが、初めて知る花がありました。〈散歩日、7月15日〉

ツキヌキニンドウ(突抜・突貫忍冬)は、スイカズラ科スイカズラ属の常緑ツル性木本です。北アメリカ原産で、日本には明治初期に渡来し観賞用に植えられています。

〔Webで確認した特徴〕
・花期は春から秋(6月~9月)。枝先にラッパ状の花をつける
・花色は一般的に赤系で、外側は濃紅色・朱橙色、内側は橙色から徐々に濃くなる
卵形の葉が対生するが、花序のすぐ下の葉だけは2枚の葉が合着し一枚になる

1.ラッパ状とか漏斗状と言われる筒状の花がまとまって付きます
きれぎれの風彩 「ツキヌキニンドウ」1-1


2.咲き始めの花は、内側が明るいオレンジでした。花の色が咲いてから変化するのは、スイカズラも同じです
3~5.花の終わり、花が落ちた後、若い果実が実ったものなど、段階的に見られました。また、もれなく合着した葉がついています。不思議です
6.その他多くの対生する葉です。若い葉は色が薄いです
「2」「3」「4」「5」「6」
「ツキヌキニンドウ ~花茎が葉を突き抜ける」

見た時に、名札がありましたので名前を知ることはできましたが、カタカナ表記なので単に変わった名前だと思いました。
調べてみると、和名は合着し一枚になった葉の真ん中から茎が突き抜けて出るように見えることからツキヌキ(突抜)と、スイカズラの別名であるニンドウ(忍冬)を合わせたようです。・・・・・いつもながら命名者は大変だと思いました。
スポンサーサイト

| 他の木元 | 22:52 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT