きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ノイバラ ~虫こぶ

8月6日に北本自然観察公園に行ってきました(1か月半振り。散歩も久し振り)。当園では遊歩道沿いにノイバラを見ることができ、今春は白い5弁花を取り上げましたが、今回は虫こぶに出会いました。他の方の日記で見ていたので、それと分かりました。

ノイバラ(野茨、野薔薇)は、バラ科バラ属の落葉性つる性低木で、日本のノバラの代表種です。花期は5~6月。果実は熟すと赤くなり、冬でも残ります。

虫こぶ名:バラハタマフシ →バラ(薔薇)-ハ(葉)-タマ(球)-フシ(こぶ)
形成虫名:バラハタマバチ(タマバチ科)
形状:球状で直径1センチ前後。表面には疎らに突起(トゲ)がある

形状から最初は何かの果実かと思いましたが葉の裏ですし、「そういえば」と以前見たブログを思い出しました。
きれぎれの風彩 「ノイバラ」3-1

虫こぶの成長により色が変わるようです。
きれぎれの風彩 「ノイバラ」3-2

きれぎれの風彩 「ノイバラ」3-3


森林総合研究所のWebサイト(自然探訪)によると
5月中旬から8月にかけて継続的に現れるこの虫こぶは、20日ほどで成熟し地面に落下 → 虫こぶの中にいる幼虫はそのまま成長し続ける → 蛹を経て成虫となる → 翌年春に虫こぶに穴を開けて脱出したのち、ノイバラの新芽に産卵する・・・という。

幼虫にとっては、虫こぶの中は餌になり、寒さをしのぎ外敵からも守ってくれる家で、その家は虫が植物の中に入り込み、植物の生長を操作することでできあがります。
何とも不思議な生態です。

虫こぶには様々な種類があり、中には見た目の悪いものもありますが(そういうのはスルーしてます)、バラハタマフシは(個人的に)大丈夫なので記録しておきます。

スポンサーサイト

| 他の木元 | 21:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |