FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2017年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ロウバイ、フクジュソウ

今年初めての日記ですが、かなり間が空いてしまいました。散歩も12月初旬から行っていませんでしたが、1月20日に近くのお寺、21日に北本自然観察公園と城山公園に行ってきました。今回は近くのお寺と城山公園での初春の黄色い花です。

ロウバイ(蝋梅)は、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木です。中国原産で真冬に満開の花を咲かせる数少ない花木の一つです。
フクジュソウ(福寿草)は、キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草で、新春を祝うおめでたい花として元旦草とも呼ばれます。幸福の「福」と、長寿の「寿」をあてられ何とも縁起の良い名前です。

●お寺のロウバイ
数年前に境内のロウバイの木が増え、まだ樹は大きくないのですが今回も多数の花が咲いていました。出遅れている樹では熟し終えた黒っぽい果実が目立ちます。多くはマンゲツロウバイで、ソシンロウバイは少ないです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ロウバイ、フクジュソウ(1)」


●城山公園
この公園では、枝を張ったロウバイが5~7本あります。この日は天気が良く、青空に映えていました。フクジュソウは2年前(?)からだと思います。蜜が無く、集光・集熱に効果的な花を成し、その熱で虫を誘引するフクジュソウですが、まだ花の形状はイマイチのようです。
「6」「7」「8」「9」「10」
「ロウバイ、フクジュソウ(2)」


冬の黄色い花は暖かく元気をもらえるように思います。Webで検索すると、黄色は日本では昔から黄金の色、稲穂の色であり、縁起が良く豊穣を表す色とされています。最近では金運アップのイメージも。「その場を明るくし、人の気持ちを前向きに、開放的にする幸福の色であり、人と人とのコミュニケーションを円滑にする運気アップの色」のようです。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 22:27 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |