FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界初の「芳香シクラメン」

『花と緑の振興センター』の管理事務所に入ったとたん香りが・・・。何?どれ?と思いながら鉢植えをみると「芳香シクラメン」という花でした。〈散歩日:2月10日〉

きれぎれの風彩 芳香シクラメン 180225-1


掲示の説明によると、埼玉県が育成した品種「芳香シクラメン」は、
・野生種のシクラメンは香りが強くてかぐわしいが見栄えが良くない。
・栽培種のシクラメンは花はきれいだが「乾燥した木材のようなにおい」しかない。
その双方の長所を活かして、バイオ技術で交配・・・・・世界で初めて成功したもの。
きれぎれの風彩 芳香シクラメン 180225-2


「埼玉県が」とは?Webで調べてみると、
埼玉県農林総合研究センター園芸研究所(現 埼玉県農業技術研究センター)が、バイオテクノロジーを駆使して、世界で初めて園芸種に野生種の芳香を取り入れたシクラメンの育成に成功したという。

昭和62年(1987年) 野生種と園芸品種の雑種育成に着手
平成 8年(1996年) 世界で初めて野生種の芳香を持ち、種子で増殖可能な2系統を育成
平成20年(2008年) 「麗しの香り」「孤高の香り」が品種登録
その後も3品種が登録、1品種が登録出願中とのこと。詳しくは↓。
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0904/hokosikuramen/

きれぎれの風彩 芳香シクラメン 180225-3


スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 21:46 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT