FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒノキ ~花期の様子・果実

これまであまり気にしたことがなかったのですが、平塚公園(上尾市)の林縁でヒノキの花が多数付いていました。〈散歩日:3月31日、4月14日〉

ヒノキ(檜・桧)は、ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹で、雌雄同株。人工林はよく見られ、神社や公園にも植栽されています。スギと同様、花粉症の原因になっています(通常ヒノキの方が少し遅れてやってくる・・・と妻は言います)。

1. <3月31日> 遠目では、枯れている?と思えるほど枝が茶色になっていました
2. 近くで見るとたくさんの花で、雄花です
3. 葯が詰まっています。あまり見た目がよくありません(個人的に)
4. ケヤキと言えば・・・葉裏のY字形とされる白い気孔帯を確認します
5. <4月14日> 花粉を放出した後の雄花で、葉には花粉がついています
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヒノキ ~花期の様子・果実(1)」


6. <4月14日> 茶色が無くなり、明るい緑色になっていました
7. 枝の先端に新しい葉が付き始めています
8-9. 幼い果実ができていました。緑色です
10. こちらは、実ができてから日を経たのか、色が変わってきています
「6」「7」「8」「9」「10」
「ヒノキ ~花期の様子・果実(2)」


後日調べて雌花のことを知りましたが、見ている時は花の多い部分ばかり見ていましたので、雄花ばかりです。雌花はまたの機会に確認したいと思います。

| 針葉樹 | 23:23 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT