FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

イチョウ ~展葉・雄花

平塚公園(上尾市)の広場の周囲には、幾種類かの落葉高木があります。訪れたときにイチョウの葉が出始めており、小さい葉を眺めていたら、見慣れないものが目に・・・初めて見る雄花でした。〈散歩日:4月8日,14日,21日〉

イチョウ(銀杏、公孫樹)は、イチョウ科イチョウ属の落葉高木で、中国原産の裸子植物。雌雄異株。街路樹や寺社などで見られます。

全く雄花(雄株の花)のことは考えていなかったので、葉の付け根にある何かが直ぐに花だと判ったのですが、その一瞬は何とも言えない感じでした。
枝まで距離があり間近で見られず、しかも風があったので、画は辛かったです。

1-3. 雄花の様子です。画を見ると花粉を出す前の状態のが多いです
4-5. 同じ雄花で、一週間のビフォーアフターです(トリミング)。アフターは葯を出し終えて色も変わってきました。間近で見られたらもう少し・・・
「1」「2」「3」「4」「5」
「イチョウ ~展葉・雄花」


7. 元々は↓の左から右になる間までの、幼葉の状態が気になって見ていました
きれぎれの風彩 「イチョウ」5-6


8. 4月21日に行った際は、地面に雄花が多数落ちていました(掃除をしているようなので何日分かはわかりません)
きれぎれの風彩 「イチョウ」5-7


21日は雌花も探したのですが、何故か(あたふたしていたせいか)雄株ばかり多く見ていたことに帰ってから気がつき苦笑い。

スポンサーサイト



| 針葉樹 | 23:09 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |