FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋葉の森:ネコヤナギ、ハンノキなど

久し振りに、さいたま市「秋葉の森総合公園」の自然保護ゾーンへ行ってきましたので、その時の目にとまった植物をとりあげます。〈散歩日:2月17日〉

ネコヤナギ(猫柳)は、ヤナギ科ヤナギ属の落葉低木で、雌雄異株です。
1~2. 花芽が展開し始めたところで、ふさふさの綿毛に包まれた花序が現れていました。帽子状の芽麟を頭に乗せたのも幾つか見られます。
この段階の花序は、丸くて(まだ長くなっていないので)可愛い感じです。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-1

きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-2


3. 冬芽も残っていました。赤くて、芽鱗が1枚のためシュッとした印象です。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-3


ハンノキ(榛の木)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木で低地・湿地好みです。
4~5. それほど大きくない樹でしたが、尾状の雄花序が多数下垂れていました。雄花序は枝の先端に数個つきます。果穂も残っています。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-4

きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-5


6. 別の場所のハンノキらしき木には、枝先に見慣れない赤いものが。雌花序だと思いますが、雌花序は雄花序の下側につくといいます。これは何故か先端に・・・。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-6


●その他
7. 枝の樹皮が剥がれ、陽を通して赤く見えました。名札がありタイサンボクでした。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-7


8. 草地ではオオイヌノフグリの花が増えてきました。
きれぎれの風彩 「秋葉の森総合公園」190228-8


ここでは、久し振りのカワセミに出会えました。※別の日記 中段
この後、同市にある「大宮 花の丘農林公苑」に向かいました。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT