FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ノミノツヅリ、キツネアザミ、イヌスギナなど

前回と同じ5月12日の北本自然観察公園散歩のつづきです。

ノミノツヅリ(蚤の綴り:ナデシコ科ノミノツヅリ属の越年生)
見たことのある小さな白い花が咲いていました。コハコベに似た感じですが、花弁が裂けてない。結局、名前は思い出せず調べることに。(よくあることですが・・・)
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-01

小さい花と葉に細い茎がよく分かれ繊細で賑やかです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-02

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-03


キツネアザミ(狐薊:キク科キツネアザミ属の二年草)だと思います。
よく見るアザミの類かと思ったのですが、花が開いてないのに開いているような?何だろうと思いました。検索した画を見ると、もう少しだけ開くようです。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-04

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-05


6. ケキツネノボタンもたまたまキツネ付き。「ケ」かどうかの判断は施設任せです
7. ゲンゲ(レンゲソウ)が、わずかながら咲いていました。もっとみたいものです
8. カラスビシャクの咲き始め。今年も見られて何よりです。
9. セリバヒエンソウは、いつもの入口付近だけでなく、梅林でも見られました。
10.タケの仲間だと思いますが、白っぽい部分の上部が開いて枝・葉が出てきます。
「6」「7」「8」「9」「10」
「きれぎれの風彩 北本自然観察公園 190512」


イヌスギナです。4月29日の散歩時は胞子嚢穂をつけた茎を1本だけ見ましたが、この日は他も生長したのか数本見られました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-11

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-12

幼い男の子とお母さんがしゃがんで見ていたのが微笑ましく、「珍しいですよね」と声をかけて話をしたところ、お母さんは「そうですね~」、ただ「この子は蛾が好きなんですよ」とイヌスギナの隣にいた蛾(チョウ)を見ていました。

イヌスギナは↓画のような、遊歩道の左側で見られます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園 5月12日」190607-13

この日は、オオヨシキリやセセリチョウなどが見られました。別日記参照。

スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 21:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |