FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

松之山『天水越のブナ林』

お盆の帰省で実家に行く前に、新潟県十日町市松之山の天水越(あまみずこし)地区にある『天水越のブナ林』を散策してきました。〈散歩日:8月14日〉

今年のGWに、新潟県十日町市松之山の『美人林』と『キョロロの森(バードピア須山)』を散策しました。その際、里山科学館「森の学校」キョロロの受付で頂いた松之山温泉の観光パンフレットに次のように紹介されていました。

天水越のブナ林』~“未来に残したい日本の自然百選”に選ばれたブナの原生林が約200haにわたり広がっています。美人林とは対照的で、5m以上の豪雪に耐え抜いたブナは幹が複雑で野性的な造形が見れらます。~これはもう行くしかない!と。

何度か訪れている美人林は松之山地域の(どちらかというと)北側で標高約300m。初めて訪れる天水越地区は松之山地域の南西側にあり、大厳寺高原キャンプ場が標高700m。天水越のブナ林はそこからさらに上がって、登山口(標高850m)辺りから長野県境にある天水山(標高1,088m)までの間で、東西に長く拡がっています。
登山口から上りはじめ、しばらくするとこのような大木が道の脇に表れました。
きれぎれの風彩 「ブナ林」4-00


1. ブナ林はけっこう急な斜面に拡がっていました。見上げた様子です。
2. 山道の上に向かって右側です。
3. 山道の左側で上の方 4.左側の下の方(のはず?) 変わらない急さ加減。
5. 根の張り方は様々です。この木も将来は見応えのある姿になりそうです。
「1」「2」「3」「4」「5」
「きれぎれの風彩 「松之山『天水越のブナ林』0814」-01


6. 最初に目にした、かなり大きいと思った木です。斜面を下り近くにいくと、
7. しっかりした根元です。目通りの直径で70~80センチか?。奥は根曲がり。
8. 根元姿も様々です。こちらは滅多にない様相?(反対側は別ブログに掲載
9. 最初は根曲がりでも、成長し大きくなると支えるために谷側に根を出すのか?
10.左の木は根元から縦に空洞です。でも、枝葉は豊か。生命力の強さを感じます。
「6」「7」「8」「9」「10」
「きれぎれの風彩 「松之山『天水越のブナ林』0814」-02」


天水越のブナ林は、冒頭のパンフレットのとおり、人の手によって二次的に再生してきた美人林とは異なる趣きでした。同じなのは、深い雪がブナ林を守っているということでしょう。
また、天水越のブナ林は、大自然の中にありながら、車道からそれほど遠くない所にあり、ルートも整備されていますので、山登りと意識するまでもなく大自然を楽しむことができます。

ちょうど一年前、『玉原高原のブナ平』に行った際の日記で、“新緑輝く「森のダム」の絶景 散策したいブナ林10選”のことをとりあげましたが、天水越は10位に入っていました。(2位は玉原高原のブナ平、6位に美人林)

尾根近くの、山道のT字路(標高920m)で引き返しました。上の方では時おり風が吹き涼しく感じましたが、この日は台風によるフェーン現象で新潟は暑かったです。

(参照)
・日本の自然100選(森林文化協会)
 https://www.shinrinbunka.com/news/shizen100/
・200ヘクタール=2平方キロメートル=例えば 200m×10Km
スポンサーサイト



| 落葉高木 | 22:49 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT