FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

丸山公園の端っことお寺で 10月19日

荒川で台風19号の爪痕を確認したあと、ついでに丸山公園(上尾市)の西側の端っこと、そこからほど近いお寺の境内を少しだけ散歩しました。〈散歩日:10月19日〉

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩):マメ科ヌスビトハギ属の多年草
北米産の帰化植物。特徴のある果実は4~6個の小節果で、節のくびれは浅い(ヌスビトハギは2個でくびれ深い)。その果実がすっかり熟して枯れ色になっていました。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-01


ユウゲショウ(夕化粧):アカバナ科マツヨイグサ属の多年草
花期としてはもう終わりだと思いますが、緑の草地にほんのりとアカバナです。
雄しべは8本あり、白い葯の部分は割と大きいです。茎は赤みを帯びています。葉は互生し、縁は波打ち浅い鋸歯があります。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-02


◆咲き遅れ遅れのヒマワリ
台風に負けずに咲いていました。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-03


◆不明の小さく水色の花
どこかで見たことがあると思うのですが、調べても分かりません。
※「クマツヅラ」とのコメントを頂きました。ありがとうございます。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-04


公園に隣接した民地だと思いますが、目にとまる花がありました。
カタバミの仲間・オキザリス:カタバミ科カタバミ属の一年草(多年草もある)
畑の近くなので、園芸種かもしれません。赤紫色の花が目立っていました。
ヤマトシジミが吸蜜中でした。カタバミは幼虫の食草です。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-05

ちょっとした群生です。青白い花弁(?)に見えるのもチョウのよう。調べてみると、ヤマトシジミの雄の翅表でした。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-06


キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)・エンジェルストランペット
調べると「ナス科の低木」とのこと(木本?なのでしょうか)。
高さは2メートルほどありそうでした。大きなラッパ状の花がぶら下がりながら咲いていました。いかにも熱帯植物という感じですが、寒さには比較的強いようです。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-07

花色はピンクや白色もある。花冠の長さ約15センチ、径7~8センチで、花弁の先端が5つに分かれ反り返る特徴のある花です。全草有毒なので要注意です。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-08



その後、お寺で目にとまった植物です。
白いシュウメイギク。菊と付きますがキク科ではなくキンポウゲ科です。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-09

こちらの八重の方は、お疲れ気味でした。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-10

オオモミジの葉が、紅くなる準備をはじめたようです。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-11

こちらのカエデは日陰のためか、まだまだ緑です。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-12

ツバキには蕾。
きれぎれの風彩 「丸山公園、その他 1019」191022-13

スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 20:41 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT