FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2020年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風になびく冬のシダレヤナギ

水鳥を見ながらプチランチをするために、久喜市の「久喜菖蒲公園」に立ち寄った時のことです。風が強くシダレヤナギの枝がなびいていました。〈散歩日:2月11日〉

シダレヤナギ(枝垂れ柳)は、ヤナギ科ヤナギ属で中国原産の落葉高木です。
・樹高は10~20メートルになり、先端の枝が細長く垂れ下がるのが特徴
・奈良時代から植栽され、公園の水辺や街路樹でよくみられる
 日当たりの良い肥沃な湿潤地が最適だが、樹勢が強いので、大抵の土質で育つ
・雌雄異株で、日本で見られるのはほぼ雄株


大きな池(約31haあり)の畔にシダレヤナギが幾本かあり、風で枝がなびいているのが目にとまりました。この様子を記録しておけば、風が強いことの記録にもなるだろうと思いカメラを向けました。
きれぎれの風彩 「シダレヤナギ」2-1


よく見ると、細い枝のみが同じ角度で一様になびいています。他の樹木には無い趣がありますが、何故、枝先の細い枝だけを長く伸ばすようになったのか不思議です。
きれぎれの風彩 「シダレヤナギ」2-2

きれぎれの風彩 「シダレヤナギ」2-3


調べてみると、「シダレヤナギは根が浅く、台風などで倒れやすい」との記載がありました。とすれば、葉を支える枝を丈夫にすると、幹・枝・葉ですべて風を受け、よけいに倒れやすくなりそうです。

長く伸びた枝に葉をつけますので、低い位置で葉が展開します。周りに他の高木があったら(例えば、雑木林の中では)この形態では生存競争に負けそうです。
日当たりの良い場所に点々と生育できる場所。水面に面している場所は日当たりが保証され、しかも水面に反射する光も取り込めそうで最高の適地でしょう。

「柳に風」とか「柳に雪折れなし」ということわざがありますが、枝垂れてしなやかな枝は風雪害にそこそこ強そうです。しかし、突風などで枝が折れるのも織り込み済みとの記載もありました。シダレヤナギは挿し木で容易に増やすことできるそうです。突風で飛ばされた所で、川に流されて留まった所で定着することも確かにありそうです。

公園では、適地に植栽されシダレヤナギもさぞ嬉しいことでしょう。

ちなみに、5年前の3月に、初めてシダレヤナギの花を見ました。
その時の様子はこちらです。
スポンサーサイト



| 落葉高木 | 18:22 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT