FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

2020年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウグイスカグラ・ヤブヘビイチゴ・ケキツネノボタンの実

前回と同じ北本自然観察公園散歩より。〈散歩日:5月14日〉

ウグイスカグラ(鶯神楽):スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木
3月~4月に淡紅色の漏斗型の花をつけた後、長さ1センチほどの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)ができます。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-01

タイミング良く、多数の果実が見られました。キレイな果実です。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-02

北側の林縁なので、時には葉も果実も透けて見えます。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-03



ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺):バラ科キジムシロ属(←ヘビイチゴ属)の多年草
草地ではヘビイチゴが見られましたが、林床ではヘビイチゴより葉や果実が大きいヤブヘビイチゴの果実が見え隠れしていました。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-04

イチゴの仲間は果実の表面の粒々が本来の果実で、中に種子が入っています(痩果)。丸く膨らんだ部分は花托(かたく)とか花床と言うようです。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-05



ケキツネノボタン(毛狐の牡丹):キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草
湿地や水田の畔などに生えます。木道の近くに群生していました。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-06

初めて見た時、黄色い花と、花が咲いているのにもう中央に果実ができている!?さらに、その果実は集合果でコンペイトウのよう!で印象深かったです。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-07

きれぎれの風彩「北本自然観察公園 0514」200529-08

スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 23:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT