きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイオウショウ ~松では最も長い葉

埼玉県の植木生産で有名な川口市の安行(あんぎょう)に「埼玉県花と緑の振興センター」があります。1953年の開設、古いです。植木の趣味はありませんが、庭木等には興味があります。昨日、初めて見学に行ってきました。
さながら植木の類に特化した植物園といった様相でした。様々な種類と様々な品種が植えられていました。その中で、気になった植物・珍しい植物を幾つかとりあげていきます。まずは・・・

ダイオウショウ(大王松)

遠くから眺めた時、松のようなのだが、風になびく様は南の国の植物のようにも見えて・・・。(↓写真ではそう見えないかも知れませんが。)
きれぎれの風採 「ダイオウショウ01」

徐々に近づいてゆくと・・・。
きれぎれの風採 「ダイオウショウ02」

分かりました。葉が異常に長い松です。(例えるなら花火?このような光跡の花火がありますよね。あるいは竜のヒゲでしょうか。)
きれぎれの風採 「ダイオウショウ03」

樹高は30~40メートルほどになる常緑針葉高木。ここに植えてあるのは10~13メートル位に見えました(ん~正確さに欠けますね)。北アメリカ東南部原産で、松の中では最も長い葉を持つ。

見たところ30~50センチはありそうです。調べてみたら、幼木では50センチをこえる長さですが、老木になるにつれ短くなり25センチ前後になるとのことです。

葉の長さに比例して、花も実も大きくなり、松ぼっくり(球果:マツカサ)は長さ15~25センチにもなるという。この時期なので現物は見ることができませんでした。

ダイオウショウの葉は、3本づつ出る三葉松。長い三葉松が枝先に密生して、しなやかに垂れ下がる姿には、他の針葉樹にはない独特の趣がありますね。

*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や草花、自然やエコを中心に綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト

| 針葉樹 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/10-3e247527

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT