きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムクゲ ~韓国の国花。品種多数

ムクゲ(槿、木槿、無窮花)はアオイ科フヨウ属(ハイビスカス属)の落葉低木です。
フヨウやハイビスカスと花が似ているように思いましたが、皆同じフヨウ属でした。
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-1

ムクゲは広く植えられていますが、古くから改良が加えられたために、原産国は中国ともいわれますが定かではないようです。

韓国では国花として親しまれています。名前は、韓国の呼び方「無窮花(ムグンファ)」または「ムキュウゲ」が変化して「むくげ」となったとか、あるいは、中国名の「木槿(ムージン)」の音読み「もくきん」が変化して「むくげ」となったともいわれています。

花の大きさは10センチ前後、夏から秋にかけて花を咲かせます。赤や白の色をよくみます。
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-2

きれぎれの風採 「ムクゲ」1-3

しかし、ムクゲは多数の園芸品種があるんですね。先週、「花と緑の振興センター」にはいくつかの品種が植栽されていました。例えば、
『シングルレッド』赤一重。(これは…普通の?)
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-4

『日の丸』その名のとおり
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-5

『ラージホワイト』白一重
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-6

『鳥取花笠』
きれぎれの風採 「ムクゲ」1-7

ムクゲは、アオイ科の中で最も耐寒性が強く、北海道南部まで栽培が可能といわれています。庭木として、(丈夫なので)生け垣としてもよく利用されています。
排気ガスにもある程度の耐性があるので、高速道路の脇などにもよく植栽されているそうです。この時期、高速道路沿いで咲いている花は、キョウチクトウかムクゲなのでしょうか。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/100-c64f456a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT