きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アカシデ ~雄花序と雌花序

アカシデは2012年に伊奈町の無線山で目に留まり、調べてアカシデと知り当日記にも初めて取り上げました。この時に花序を見ましたが、それは雄花序ということが判り、雌花序は未確認でした。
以降もアカシデの雌花序を見る機会はありませんでしたが、同じ無線山で(同じく桜並木ついでに)6年を経て見ることができました。〈散歩日:3月31日〉

アカシデ(赤四手)は、カバノキ科クマシデ属の落葉高木で、北海道南部から本州、九州まで分布します。特に関東地方の雑木林には多いそうです。
花は葉の展開と同時に咲き、雄花序は枝の途中で尾状に下垂れ、雌花序は雄花序よりも小さく枝先につきます

きれぎれの風彩 「アカシデ 花序」3-1

このアカシデは桜並木の臨時駐車場の近くで、立ち入りできないロープ内にあり、高木ですので枝先をズームで追っていたところ、それらしいものが・・・。
きれぎれの風彩 「アカシデ 花序」3-2

枝先に垂れ下がっている雌花序です。(上の画のトリミング)
きれぎれの風彩 「アカシデ 花序」3-3


〈オマケ〉この後「無線山・KDDIの森」の遊歩道を散歩していたときに、珍しく整った樹形で全体を赤く染めたアカシデがあり、樹形の良さと雄花序の多さに驚きました。
きれぎれの風彩 「アカシデ 花序」3-4

きれぎれの風彩 「アカシデ 花序」3-5

スポンサーサイト

| 落葉高木 | 11:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アカシデに最初に気が付いたのは2005年、紅葉の美しさでした。
葉の形などではなかなか何の樹かわからず、決め手は幹の様子でした。
2007年でした。
雄花序の美しさを知ったのは数年後、雌花序を見て気がついたのはつい2年前でした。
こちらの写真の雄花序、数が多すぎてごちゃごちゃにしか見えませんね(笑)

| ディック | 2018/04/15 20:10 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

アカシデは新芽、雄花、紅葉といろいろ楽しめる樹ですね。当地の雑木林でイヌシデとともに多く見られます。

| 多摩NTの住人 | 2018/04/16 15:36 | URL | ≫ EDIT

ディックさん おはようございます

緑の葉だけでは分からないですよね。主幹の凸凹は特徴的です。
この日は風があり、風待ち時間も必要でした。
最後のごちゃごちゃはそのまま取りましたので風のせいもありますね。

| 山ぼうし | 2018/04/18 07:55 | URL |

多摩NTさん おはようございます

アカシデは分かりやすいというか、ある場所を覚えたので何気に見ますが、イヌシデはあまり目につかないです。高木が多いですし・・・。

| 山ぼうし | 2018/04/18 07:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1002-1db843b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT