きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セイヨウニンジンボク ~涼しげな青花木

セイヨウニンジンボク(西洋人参木)は、南ヨーロッパ原産でクマツヅラ科(シソ科)の落葉低木ですが・・・変わった名前です。

古くから栽培されている中国原産の「ニンジンボク」は、葉の形がチョウセンニンジンに似ているのでこの名がついたそうです。その西洋版ということですね。

樹高は2~3メートル。涼しげな樹形と色合いですね。香りもあります。
きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-1

開花期は、7月~9月。枝の先端に淡紫というか紫がかった青い小花がたくさん集まって穂状になります。
きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-2

きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-3

葉は、小葉が5~7個つく掌状複葉(しょうじょうふくよう)です
きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-4

樹の幹は、下の方はボコボコ、途中からツルツルです。継いであるのでしょうか?
きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-5

白花もありました。
きれぎれの風採 「セイヨウニンジンボク」1-6

近年、観賞用に栽培されている花木ですが、古くからホルモンのバランスを整えるハーブとしても利用されていました。小さな果物には、ホルモンに似た成分が含まれ、母乳の分泌を促すとか。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/101-89a14fe6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT