FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユキモチソウ ~雪のように白い付属体

森林公園の都市緑化植物園。植物園の管理棟と展示棟の間の木陰で、ユキモチソウが咲いていました。独特の花姿を初めて見ます。〈散歩日:4月29日 森林公園〉

ユキモチソウ(雪餅草)はサトイモ科テンナンショウ属の多年草で、分布域は(世界的にも?)近畿地方の一部と四国に限られます。しかも日本レッドデータで絶滅危惧Ⅱ類(VU)です。ただ、古くからその特異な花姿から、各地で鑑賞用に植栽され、植物園などでもしばしば見られるそうです。

〔Webの情報〕
・花期は4~5月。草丈は20~30センチほど
茎(偽茎)から複葉を2枚出し、中央に1個の花茎(肉穂花序)を出す
・茎葉は長い柄がある。小葉は楕円形で先がすぼみ、3~5枚を鳥足状につける
・仏炎苞の外側は紫褐色で舷部は白い縦の筋が入り、内側は白色。真ん中に白い棍棒のような形で先が丸くふくれた付属体がある

1. 初めて実物を見ます。この花姿には驚きと嬉しさと面白さがまとめてきました
きれぎれの風彩 「ユキモチソウ」1-1

カラーやミズバショウなどサトイモ科の多くの花の特徴は、肉穂花序と仏炎苞です。テンナンショウ属は仏炎苞の形と紫系の色から、初めて見ると不気味な感じを受けるものもありますが、今回のユキモチソウはちょっと違います。

2. 葉は左右に1枚ずつ複葉がでて、ここでは見た限り小葉は3枚でした
3. 仏炎苞は筒部と舷部(げんぶ)で構成されています
  他の仲間は舷部が前に垂れますが、これは上を向いています
4. 仏炎苞の口辺部から内側は白色で、付属体も白色なので目をひきます
5. 仏炎苞の舷部には白い筋があり、先が三角状に長く伸びています
6. ここでは十数株が咲いていました
「2」「3」「4」「5」「6」
「ユキモチソウ ~雪のように白い付属体」


葉には白い斑の入る場合もあるそうです。鋸歯は有るものと無いものがあるとか。また、仲間のマムシグサなどと同じで雌雄異株ですが、栄養状態によって雄株が雌株に性転換する特徴もあります。

和名は見た目通り、花(仏炎苞)の中央にある付属体が、雪のように白い餅に見えることによります。ただ、○○テンナンショウやマムシグサ、ムサシアブミ、ユキモチソウなど、名前だけでは同じ仲間とは思えません。

-----・-----・-----・-----・-----・-----・-----

参考に野草コースで見たマムシグサです。
きれぎれの風彩 マムシグサ


スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 16:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ユキモチソウ・・・
よく見るときれいですね。
確かに附属体が餅のようにみえます。

| 山小屋 | 2018/05/21 06:50 | URL |

ユキモチソウ

こんばんは。

こちらでは見ないユキモチソウです。
テンナンショウの仲間は面白いですよね。

最後のはコウライテンナンショウに似て
いますが、葉がヒロハテンナンショウに
似ています。

なんだろう。

| 地理佐渡.. | 2018/05/21 20:11 | URL | ≫ EDIT

仏炎苞で出てくるやつ、最近いろいろと見て、整理したいと思ってます。
昨日群生を見つけたのはオオハンゲ。 カラスビシャクと紛らわしい。
でも「ハンゲ属」で「テンナンショウ属」ではないらしい。
写真映りはどう見てもユキモチソウに負けますね。見たいなあ!
ウラシマソウとか、ムサシアブミとか、なんか雰囲気暗いんですよ。仏炎苞の色のせいでしょうね。

| ディック | 2018/05/21 20:32 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

ユキモチソウの白色だけみているとキレイですね。
そして、付属体の大きさと形状が面白いです。

| 山ぼうし | 2018/05/21 23:01 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

マムシグサの類はいろいろありますね。
次回にコウライテンナンショウ(?)らしきものを載せました。

| 山ぼうし | 2018/05/21 23:01 | URL |

ディックさん こんばんは

オオハンゲというのはまだ見たことがないです。カラスビシャクと似ているのですね。
仏炎苞の色は大事ですね。紫が緑になるだけでイメージが異なります。

| 山ぼうし | 2018/05/21 23:02 | URL |

こんにちは

ユキモチソウは面白い姿ですね。本当に白い雪のお餅です。テンナンショウの仲間はみな楽しませてくれます。

| 多摩NTの住人 | 2018/05/22 08:19 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

植物観察散歩をするまでは、テンナンショウのことを知りませんでした。たぶん、散歩しない方は知らないでしょうね。面白いのに。

| 山ぼうし | 2018/05/23 23:47 | URL |

ご無沙汰いたしました。
素敵なレポートですね。
北本自然観察園同様、武蔵丘陵森林公園も本当に素敵な場所で、春と秋出かけたことがありますが、その後8年も経つのに遠くてなんとなく行きそびれています。
春は4月25日の訪問でしたが、こんなにいろいろな群生を目にすることができませんでした。
ユキモチソウがニョキニョキ、豪華ですね〜。
庭では増えてくれなくていつまで経っても一本だけです。
オオハンゲは増えてくれるんですけどね。

| とんとん | 2018/05/27 13:36 | URL | ≫ EDIT

とんとんさん こんばんは

8年前ですか~。この公園は広いので、どこを見るかあらかじめ決めていかないと見逃してしまいそうです。遠いとだんだん足は遠のきますよね。
庭にユキモチソウがあるのですね。それはスゴイ。1本でも1点モノです。

| 山ぼうし | 2018/05/27 21:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1024-cfcdd6ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT