FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アゼナルコ ~頂小穂のみ雌雄性

北本自然観察公園の湿地の木道沿いでは、カヤツリグサ?スゲ?の仲間と思われる草本が伸びていました。非常に種類が多いとされていますので、スルーすることが多いのですが、今回は目に留まるものがありました。〈散歩日:5月27日〉

アゼナルコ(畦鳴子、畔鳴子)は、カヤツリグサ科スゲ属の多年草で、本州~九州(沖縄)に分布し、湿地に自生します。水田付近では圃場整備などにより数を減らしているものの、様々な湿地的環境で見られるそうです。
〔Webでの情報〕
・草丈は40~80センチ(有花茎)になる大型のスゲ
・葉はよく立ち上がり、細長く幅は4~10ミリ
・花茎の先端近くに 数個の小穂が間をおいてつき垂れ下がる。小穂は円柱形で長さ3~6センチで細い柄がつく。頂小穂は雌雄性、他の側小穂は雌性(雌花)
・それぞれの小穂の基部には、長い葉状の苞がある、最下のものは花序より長い

1. 様々な植物に混じって、細長い穂が垂れていました。
きれぎれの風彩 「アゼナルコ」1-1


2. いくつかの穂のうち、先端の穂だけ形が異なります。先の方は他の穂と一緒ですが、基の方は細くなっています。〔頂小穂は雌雄性で、先が雌花、基部が雄花
きれぎれの風彩 「アゼナルコ」1-2

小穂は、軸の回りに花と鱗片が螺旋状に配列したもの。スゲ属の花茎には普通は複数の小穂がつくので、その先端のものを頂小穂(ちょうしょうすい)、それより下から横に出るものを側小穂(そくしょうすい)という。
スゲ属の多くは、先端に一個の雄小穂とその下方に数個の雌小穂がつくが、本種は頂小穂に雌雄両方の花がつく雌雄性が特徴(基部が雌花の場合は雄雌性と呼ぶ)。


3. 雌小穂には多数の果包がつき、芒が棘のように出ています。画では分かりにくいのですが、果包の先からは雌しべがでているのもあります。
きれぎれの風彩 「アゼナルコ」1-3

雌花は、雌しべが果包(かほう)という袋に包まれているのが特徴で、その外側に一枚の鱗片がある。鱗片は果包に比べて幅が狭く短いが、長い芒がつく。果胞は3ミリほどの広卵形で扁平。雌しべはその底に着き、果胞の口から柱頭だけを伸ばす。

4. 見ている時は“葉腋から花柄が出ている”のかと思いましたが、花柄の基部から葉のように見えるのは苞でした。下に行くほど大きいです。
きれぎれの風彩 「アゼナルコ」1-4

少し調べてみると、やはりスゲ属はいろんな特徴がありますので(難しいので)、備忘のため説明も並記しておきます。
和名は、垂れ下がる小穂を鳥を追う鳴子に見立て、畦に生えることによります。


---+---+----+-----+-----+-----+----+---+---


ところで、20日に続いて27日も北本自然観察公園に行ったのは、植物を見ることはもちろんですが、ハートマークを見てみたかったことも理由の一つです。
別ブログに取り上げました。但し、虫が苦手な方はご遠慮ください。
きれぎれの風彩 「ハートマーク」

また、この日は宙に浮かんだような水玉も見られました。
きれぎれの風彩 「浮いてる水滴」

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 15:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イネ科の植物をわかるようになりたい、という気持ちが日増しに強くなってきています。
とても勉強になるよい記事でした。誰か前を走ってくださると、当方も学習意欲が高まります。
リンクの記事はまた別途、後日そちらにコメント差し上げます。

| ディック | 2018/06/10 21:40 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

カヤツリグサの仲間は種類が多くて同定が難しいです。こちらの記事を参考にさせていただきます。

| 多摩NTの住人 | 2018/06/11 08:10 | URL | ≫ EDIT

アゼナルコ

おはようございます。

なんとなく見たことあるなぁ。
そんな意識を持ちつつ拝見し
ました。地理佐渡的には撮影・
紹介に及ぶことのなさそうな
種でした。

さて、今朝は久し振りにしと
しとと雨です。畑に水やりに
行かなくて良いのはありがた
いですねぇ。

| 地理佐渡.. | 2018/06/12 06:12 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

イネ科もカヤツリグサ科も種類が多いようで難しいですよね。
今回は調べてみて小穂の雌雄のことが分かって、ちょっと自己満足してます。

| 山ぼうし | 2018/06/16 11:43 | URL |

多摩NTさん こんにちは

多いですね~。今回はたまたま特徴的な小穂なので気になりましたが、いつもスルーです。

| 山ぼうし | 2018/06/16 11:44 | URL |

地理佐渡さん こんにちは

こういった水田の周辺にいる植物はそちらでも見られるでしょうね。ただ、華やかさはまったくないですね(笑)。植物に梅雨は必要と思いますが、人にもメリットありますね。

| 山ぼうし | 2018/06/16 11:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1035-ed111d4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT