きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リョウブ ~白い小花の総状花序

埼玉県川島町の平成の森公園に行った際、白くて小さな蕾を多数つけた木があり名札でリョウブと判りました。その後、北本自然観察公園では開花したリョウブを見ることができ、初めてリョウブを取り上げます。〈散歩日:6月17日,7月1日-7日〉

リョウブ(令法)はリョウブ科リョウブ属の落葉小高木で、同科は世界に100種ほどあるそうですが、日本では本種のみで北海道南部から日本各地に分布します。若葉は山菜とされ、庭木としても植えられそうです。別名:ハタツモリ。

・樹高は3~10メートルになる。成木の樹皮はサルスベリのように薄く剥がれる
・葉は互生し枝先に集まって螺旋状?につく。倒卵状長楕円形で長さ10センチ前後
・花期は6~8月。枝先から長さ10~20センチの総状花序を数個だし、多数の白花をつける。花弁は5裂し径1センチ弱。雄しべ10個、雌しべので柱頭は3裂する

1. <6月17日> 枝の先に葉がまとまって、その先に蕾の花序が数本出ていました。上に向かない花序は珍しいような感じがします
きれぎれの風彩 「リョウブ」1-1


2. <6月17日> 基部に近いほど花柄(?)も長いです。基部から開花するので、花が重ならないようにするためでしょうか。葉は細かい鋸歯があります
3-5. <7月1日> 北本のリョウブは北向きの林縁で、ほぼ日陰地です。そのせいか花序は少ないです。それでも少ない花に幾種類かの昆虫が集まっていました
6. <7月7日> もう遅いかも、と思いながら平成の森公園に行くと、花は先端のみ
「2」「3」「4」「5」「6」
「リョウブ ~白い小花の総状花序」


和名「令法」は、昔、若葉が食料になるので、救荒植物としての備えとして育てるお触れ=令法(リョウホウ)を出したことにより、その後リョウホウが転訛してリョウブになったとされています。
昔の単語のことは分かりませんが、令法の漢字を逆にすると「法令」、面白いです。

なお、リョウブのように主食である穀物とともに炊き合わせを行う(主食を節約して量を増やすのが目的の)植物の葉などを「かて物」といい、味や香りを楽しむ「山菜」とは目的が違うので、そのもの自体は美味しいものではないようです。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 23:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リョウブ

長くのびた花姿は綺麗です。
若葉が山菜ですか・・どんなお料理になるのでしょうね。

庭でも見られました。
枝垂れ咲きした花が揺れると見飽きませんネ。

| ころん | 2018/07/15 16:04 | URL |

こんにちは

リョウブは賑やかな花ですね。咲き始めの純白の花がとても綺麗です。樹皮もツルツルで肌触りが良いです。

| 多摩NTの住人 | 2018/07/16 18:19 | URL | ≫ EDIT

リョウブ

おはようございます。

ああ見たことがあるわ。なんて拝見しながら
眺めていました。リョウブという名も聞いてたことが
ありますが、この姿との一致間は無かったです。
分からないことだらけです(笑)。

さて、今日も気温が上がるようです。

| 地理佐渡.. | 2018/07/17 06:58 | URL | ≫ EDIT

リョウブの花・・・
天ぷらにして食べると美味しいそうです。

| 山小屋 | 2018/07/19 06:40 | URL | ≫ EDIT

今リョウブが花盛りですね。
昨日那須に出かけて、自然林の縁で白花が涼しげでそれはそれは綺麗でした。
バッテーリーを充電したまま家に置きっぱなし、からのカメラを持って出たのでなんも取れませんでした。(涙)

| とんとん | 2018/07/20 12:00 | URL | ≫ EDIT

昨年と一昨年の経験では、リョウブってちょっと遠目に見ているほうがきれい、という印象です。
手頃な大きさの木を見つけて近寄ると、開花してすぐに傷み始める花が目立ったり、どうも下から見上げているときとは印象が違ってきます。
今年はたぶん、いまからでは時季遅れかな、と感じています。
まあ、出会って2年ですから、自分の撮影タイミングが悪いから、なのかも知れませんけど。

| ディック | 2018/07/23 21:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1045-bfe4a5d2

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT