FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北本自然観察公園 7月1日

前回のタカトウダイとノカンゾウを見た日の、同じ北本自然観察公園での気になった他の植物の様子です。〈散歩日:7月1日〉

カラスビシャク(烏柄杓):サトイモ科ハンゲ属の多年草
5年前に同園で初めて見た時は何株も見られたのですが、その後、毎年気にして見ているものの木道のすぐ脇で(カナムグラの)草刈りにあうところでもあり、なかなか見ることができません。今回は1本だけ確認できました。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-1


イヌザクラ(犬桜):バラ科サクラ属(ウワミズザクラ亜属)の落葉高木
私の散歩コースでは3本のイヌザクラと出会えますが、今年はどの木にも驚くほどたくさんの果実がついていました。熟すまでにどれくらい残るか・・・。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-2

きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-3


クリ(栗):ブナ科クリ属の落葉高木
枝が低い位置にあるクリの木の前を通り過ぎようとした時、そういえばと(他の方の日記を)思い出し果実を見てみると、若い果実に雌しべの柱頭が出ていました。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-4


ヤマハギ(山萩):マメ科ハギ属の落葉低木
ヤマハギだと思いますが、花が咲き始めていました。まだ花数が少ないので全体的にはパッとしませんが、開花した一つ一つの花色がキレイでした。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-5

きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-6


ススキ(薄)、オギ(荻):イネ科ススキ属の多年草
ススキは根元から多数の茎が伸び株立ち状になり、オギは横に伸びた根茎から1本ずつ、ほぼ平行して立つことが多いので株立ち状にはならない。という違いが見比べることができるので、この場所に行くのですが、いつもオギの名前が思い出せない。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-7


●5月27日にも同所で見られた「水滴onキツリフネの葉」を再度見ることができました。何度見ても、一見“浮いている!?”ような水滴の様子は面白いです。
きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-8

きれぎれの風彩「北本自然観察公園」180728-9


スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 23:26 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

カラスビシャクは雑草のhとつですが、なかなか出会えませんね。見つけると嬉しいです。このイヌザクラの果実はすごいですね。当地でここまで稔っているのは見たことがありません。クリの実はこの段階ではトゲはまだ少し柔らかかったのではないでしょうか。

| 多摩NTの住人 | 2018/07/29 15:48 | URL | ≫ EDIT

イヌザクラの実・・・
今年は豊作のようです。
ヤマハギも咲き出したようです。
故郷では盆花として使っていました。

| 山小屋 | 2018/07/30 07:05 | URL | ≫ EDIT

栗の実というのは、中味は大概ふたつに分かれているのです。
まだ実が小さいうちに雌花をもいで、雌花を3分割できるか実験しました。
2つに分けるまでは成功しましたが、あとはぐじゃくじゃになって失敗しました。
カラスビシャクですが、私が見つけた回数が多いのは5月下旬頃で、2、3日前にも捜しましたが、まったく見つかりませんでした。
イヌザクラの実の残り方は、小石川植物園で見ていると、木によってかなり違いますね。どんどんなくなっていくのを見ているのは寂しいですが、木によっては秋に赤くなると「こんなにたくさん残っていたのか」と思います。
キツリフネは近くにないので、見られないのが残念です。

| ディック | 2018/07/30 11:34 | URL | ≫ EDIT

カラスビシャク

おはようございます。

良いですよね。結構はびこるのですが、
わが家の庭にも咲いてくれます。
やや大柄の種もあったように記憶して
いますが、こちらでは見ないです。

| 地理佐渡.. | 2018/07/31 06:26 | URL | ≫ EDIT

イヌザクラの実凄いです。
鳥が来ませんか・・

萩が咲き・ススキが伸びてなんだか秋の予感です。
早く秋が来てほしい・・

| ころん | 2018/07/31 16:52 | URL |

多摩NTさん こんばんは

今回はカラスビシャクに会えてラッキーでした。この公園のイヌザクラは例年そこそこ多く残っているように感じます。ウワミズはすぐ無くなりますけど。栗はイガは柔らかかったです。経過を見ようと思っていましたが、あれから1ヶ月以上経ってしまいました。

| 山ぼうし | 2018/08/06 23:42 | URL |

山小屋さん こんばんは

イヌザクラは野鳥にとって優先順位が低いのでしょうかね。
ヤマハギを盆花に・・・ウチの田舎ではどうだったかな?でも、今回改めて咲き始めはキレイだと思いましたので、供えるかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2018/08/06 23:43 | URL |

ディックさん こんばんは

栗の実は、3個が通常かと思っていました。雌花の実験とはスゴイですね。
イヌザクラは元々の実り方とか野鳥とかで違いますかね。熟すまでどの程度残るか楽しみです。水滴は面白いです。他の葉でもあるのかな?何の蜘蛛の糸なのか?

| 山ぼうし | 2018/08/06 23:43 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

カラスビシャクが「はびこる」ほどに~、それはスゴイですね。
ここもカナムグラがなかったら、もっと・・・と思います。

| 山ぼうし | 2018/08/06 23:43 | URL |

ころんさん こんばんは

鳥はそれほどこないようですね。熟し始めたら来るのかな~と思います。
大型の草が伸びてきました。開花を始めたら・・・秋でしょうかね。それにしても暑いです。明日から若干下がるようですが、台風が心配ですね。

| 山ぼうし | 2018/08/06 23:43 | URL |

自分の去年の写真の中にオオハンゲの実の写真を確認しました。
オオハンゲが実になるなら、カラスビシャクも実になるだろうと調べてみると、
ほぼ同じような実になるようです。
7〜9月頃から見られるようです。捜しているのですが見つかりません。
刈られてしまうのか…。

| ディック | 2018/08/10 16:33 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

5年前に見た時には、若い果実をつけているのもありました。
刈られやすいの環境にありがちなのですね~。
オオハンゲはまだ見たことがないです。

| 山ぼうし | 2018/08/12 19:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1047-571e2715

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT