FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハリギリ、コブシ他:平塚公園

上尾市の平塚公園には、今年の3月末~4月に毎週末通いました。その後6月末に初夏の様子を見て、今回は盛夏の様子は見てきました。〈散歩日:8月26日〉

雑木林の中で、大きな掌状の葉をつけた樹が目にとまりました。高木で上の方には花序らしきものが見えました。調べてみるとハリギリのようです。

ハリギリ(針桐)はウコギ科ハリギリ属の落葉高木で広葉樹で日本の山地に分布します。幹は直立し、樹高は15~25メートルの大木になるそうです。
葉は掌状に5~9裂し、径10~25センチの大きな葉になります。葉柄は長さ10~30センチで、日にあたるよう調整しているようにも見えます。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-1

きれぎれの風彩「平塚公園」180915-2

花は黄緑色の小花が球状に集まったものが傘状につくそうですが、高い所にあり肉眼ではよく見えません。また、枝や若木の幹にトゲがあるそうです。
ズーム&トリミングの画でそれらしい花序(蕾)とかろうじてトゲが分かりました。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-3

和名は葉がキリ(キリ科)に似ていて、枝や幹に棘が多いことによります。
今回、初見(初認識?)ですが、もう少し近くで見られる樹と出会えることに期待して、その時に再度詳しくとりあげたいと思います。


コブシ(辛夷):モクレン科モクレン属の落葉高木
かなり樹高のある樹が2本寄り添い、枝を拡げていました。見上げながら何の木?と思ったのですが、地面の赤い落とし物で分かりました。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-4

きれぎれの風彩「平塚公園」180915-5


ヒノキ(檜・桧):ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹
6月下旬に見た時、果実は緑色でしたが、それが焦げ茶色になり、早いものは熟して割れているのもありました。色は少し赤みを増します(赤褐色)。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-6

きれぎれの風彩「平塚公園」180915-7


ホウチャクソウ(宝鐸草):イヌサフラン科チゴユリ属の擬似一年草
6月下旬に見た時は色は緑色でしたが、熟して黒っぽくなっていました。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-8


ゴンズイ(権萃)は、ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉小高木
これは隣地の神社の方で、たくさんの花をつけます。しかし、風雨のせいか鳥のせいか、多くの果実が地面に落ちていて、枝はさびしくなっていました。
きれぎれの風彩「平塚公園」180915-9


スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 23:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ハリギリは特に若木にトゲが多いです。花序は蕾のようですね。10月頃、ウコギ科らしい花を咲かせます。是非観察して下さい。

| 多摩NTの住人 | 2018/09/17 13:46 | URL | ≫ EDIT

ハリギリ…、こういう葉か…。憶えましたので捜してみましょう。
ヒノキの実、上の方が擁壁上の道路から見えるので、自宅のヒノキの実を数日前捜してみましたが、まったく見つかりません。
とはいえ、毎年もうしばらくすると、これがバラバラと地面に落ちて、草むしりの邪魔になり、かき集めて捨てなければならなくなります。
芽を出した幼木で大きくなったのが一本ありますが、大きくなっては困る場所に限りよく育ちます。一部カットして見ました。全部伐採はかわいそう!

| ディック | 2018/09/17 21:24 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

若い木とか、枝とかが近くで見えるハリギリを探さないと、この樹では遠くて解り難いです。
そんな樹にどこかで出会いたいものです。

| 山ぼうし | 2018/09/19 22:07 | URL |

ディックさん こんばんは

ハリギリの葉はハウチワカエデの葉が大きくなったような感じでした。
ヒノキの果実が見つからない?何故でしょう。上手く隠れているのかもしれませんね。せっかく育った幼木の伐採は可哀そうですね。移植はできるのでしょうか。鉢植えヒノキとかは難いのでしょうかね。

| 山ぼうし | 2018/09/19 22:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1063-47b00c02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT